日本・北米・アジアの安心ネットワークで、海外・国内の格安ツアー/航空券からクルーズやビジネスクラスなどワンランク上の旅までお手伝いします


TOP > 個人情報の取り扱い > 開示対象個人情報の利用目的の通知請求

個人情報の取扱いについて
開示対象個人情報の利用目的の通知請求
 
当社は、本人から当該本人が識別される開示対象個人情報について、利用目的の通知が求められた場合は以下の手順に添って遅滞なくこれに応じます。
ただし、求めを行ったものが手順に従わなかった場合はこれを拒否する場合があります。また、予め利用目的を公表しているなど、利用目的が明らかな場合は利用目的の通知を必要とせず、その時は、本人に遅滞なくその旨を通知するとともに、理由を説明致します。
<手続き>
●利用目的の通知請求の為の提出物
  ①個人情報開示等請求書 (請求書原本はこちら
②本人確認の為の身分証明書(免許証・パスポート・住民票いずれかのコピー)
③返信用切手800円分(配達証明付書留郵便にてご返送申し上げます)

代理人による請求の場合は、上記に加え、下記の書類を提出してください。
①代理人の地位を証明する書類(本人の委任状又は法定代理人であることを示す書類)
②代理人を確認するための書類(免許証・パスポート・住民票いずれかのコピー)
●請求窓口はお客様相談室とする。
●受付方法は郵送とする。
 
<通知>
●当社からの通知方法
  「個人情報開示等通知書」を本人へ発送する。(発送の際は配達証明付書留郵便を利用する)
(原則請求が届いた日より30日以内に行います。30日を超える場合はその理由を通知致します) 通知することにより次の各号のいずれかに該当する場合は通知しないことがあります。
a)利用目的を本人に通知し、又は公表することによって本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
b)利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当該事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
c)国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して効力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、
又は公表することによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
d)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

PAGE TOP