日本・北米・アジアの安心ネットワークで、海外・国内の格安ツアー/航空券からクルーズやビジネスクラスなどワンランク上の旅までお手伝いします


グルメランキング

海外クルーズ > スタークリッパーズ

スタークリッパーズ | クルーズ・航空券・ツアーのIACEトラベル

マストに帆を揚げ、風を受けて走る現代の冒険船 風の力で走る。それはいつの時代のこと?と思われるかもしれません。それは紛れもなく現代の話。クルーが風邪を読み取り、その力を利用してその手で船を動かす。数十年前と何ら変わらない手法。それは船旅、いや船の原点でもあります。すべてが便利になりコンピューター制御化された現代において、それはとても贅沢なこと。これがほんものの船、そしてほんものの船旅。
スタークリッパーズ・クルーズとは?
マストに帆を揚げ、風を受けて走る現代の冒険船
風の力で走る。それはいつの時代のこと?と思われるかもしれません。それは紛れもなく現代の話。クルーが風邪を読み取り、その力を利用してその手で船を動かす。数十年前と何ら変わらない手法。それは船旅、いや船の原点でもあります。すべてが便利になりコンピューター制御化された現代において、それはとても贅沢なこと。これがほんものの船、そしてほんものの船旅。

 

スタークリッパーズ・クルーズはこんなお客様にお奨めです。

船好き、とくに帆船好きにはたまらない!良い意味でのアナログ感。帆はすべてクルーが手動で上げ下げする。
そして、昔の船にあるような大きな木製の舵で操船する。航行中の80%は風の力で走る。その苦労はエンジンでの航行の比ではないがすべてが海の男たちの仕事の基礎であると実感することが出来るでしょう。滞在だけでなく運行そのものを愉しむことが可能です。
そしてご自身が船員のひとりであるかのような連帯感やお客様同士の会話やコミュニケーションをお楽しみいただけるお客様向き。


   
 
ロイヤル・クリッパー号は20世紀初頭に海の支配者となった伝説のプロイセン号(1902年に進水した当時世界最大にして初めての前装帆の5本マストの帆船)に着想を得て建造され、2001年のギネスブックで世界最大の5本マストの全装帆船(squarerigger)と認定されました。長さ134メートルのロイヤル・クリッパーは、現代の精緻な航海システムと快適さを誇る未来に向けた帆船で、227人のお客様を、豪華で落ち着いた雰囲気の中、おもてなしいたします。壮麗なセイリング、アドベンチャー性や伝統が、最高級のモダンヨットのサービス、アメニティや居住性とバランス良く配された究極のクルーズを体験できます。

3層のアトリウムが豪華なダイニングでのおいしいお食事とウェイターとの楽しい会話、船尾のマリナプラットフォームからのマリンアクティビティ、キャプテン・ネモ・ラウンジではガラス窓から海中を覗きながらのマシントレーニングや大理石のスチームバスでリラックス、あるいは、デッキでは、舳先のバウネットで寝転んだり、マストに登ったり、セイル張りのお手伝いをしたり…あるいはキャプテンやオフィサーたちが集まるブリッジ近くで、人の手による操船の様子を目の当たりにすることもできます。

   
 

スター・クリッパー号とスター・フライヤー号は双子の姉妹船で、伝説的帆船の伝統とロマンスを愛する贅沢好みのお客様のために作られた、優雅で近代的なクルーズ船です。両船は長さ115メートルで170人のお客様を快適におもてなしいたします。
船上生活はこの上なくゆったりしてプライベートヨットで旅するかのようです。船内のキャビンその他の施設はゆったりとしています。 また、インテリアは大帆船時代をしのばせるエレガントなものです。有名帆船のアンチークな版画や絵は目を楽しませ、チーク材やつややかなマホガニーの手すりは帆船の誇る航海伝説を思い起こさせてくれます。ダイニングはオープンシーティング、好きな時に好きな方とご一緒においしいお食事をお楽しみください。ドレスコードはカジュアルエレガント。一番大切なのはお客様が心地よいと感じていただけることです。

> スター・フライヤー号の紹介動画はこちら
> スター・クリッパー号の紹介動画はこちら


ロイヤルクリッパー号 デッキプラン
 
 
スター・クリッパー号とスター・フライヤー号 デッキプラン
 
 


帆船航路は、その航路の特徴からカリブ海の島国や地中海の小さな港町から出港することもございます。
出港地までの航空券や送迎、宿泊手配はIACEトラベルにお任せください。
船会社のオプションも含め、乗船までの手配もまとめてお世話をさせていただきます。

マストに帆を揚げ、風を受けて走る現代の冒険船 風の力で走る。それはいつの時代のこと?と思われるかもしれません。それは紛れもなく現代の話。クルーが風邪を読み取り、その力を利用してその手で船を動かす。数十年前と何ら変わらない手法。それは船旅、いや船の原点でもあります。すべてが便利になりコンピューター制御化された現代において、それはとても贅沢なこと。これがほんものの船、そしてほんものの船旅。

PAGE TOP