日本・北米・アジアの安心ネットワークで、海外・国内の格安ツアー/航空券からクルーズやビジネスクラスなどワンランク上の旅までお手伝いします


グルメランキング

海外クルーズ > ホーランドアメリカライン

ホーランドアメリカライン | クルーズ・航空券・ツアーのIACEトラベル

世界中の海域を安定的に運行する[大人の雰囲気抜群の客船]ホーランドアメリカライン。 大型化する客船の中であえて中型船を中心に運行。 上質な客室とおいしい食事がリピーター獲得の秘訣。濃紺と白の船体は重厚さとかっこよさを備え港で絵になる客船の代名詞。 そして何よりもお手頃価格で利用が出来るところが一番のおすすめポイントです。
ホーランドアメリカライン  
条件を指定して検索
↓最大3都市まで選択可能
こだわりの絞り込み
世界遺産を含む
ハネムーン
フルムーン
5泊以内
6泊以上9泊以下
10泊以上
日本人コーディネーター乗船
ホーランド・アメリカ・ラインとは
1873年にアメリカとヨーロッパを結ぶ客運会社、ネザーランド・アメリカ・スチームカンパニーとしてロッテルダムで設立された、究極のクルーズ エクスペリエンス、それは時間を超えた広々とした中型客船から始まり、一生に一度のたくさんの思い出と共に終わります。
お客様が行きたいと思うところはどこへでも、7つの全ての大陸の300か所以上の魅惑の寄港地へお連れ致します。
ホーランド・アメリカ・ラインの客船で行く旅の先にあるもの、それは世界です。


Rクラス
ホーランドアメリカライン特有の落ち着いたエレガントでクラシカルな雰囲気の中に、華やかでありながら温かみ のある船内の色調、まるで我が家にいるようにリラックスしていただけるクルーの細やかなサービス。のんびりと過ごされたい方、ロングクルーズを好まれる方 にお勧めの客船です。

Sクラス
Sクラス客船のよさは、中型客船のアットホームな雰囲気を特に楽しめる大きさで、木製温かみのある高級感の中、ゆっくりとクルーズを楽しめるところにあります。ホーランドのダムシップに共通した、まるで「洋上の美術館」という言葉がピッタリとくる客船が揃っています。

ビスタクラス
それぞれの名前が羅針盤の東西南北を表す4船の姉妹船、ビスタシリーズ。このビスタシリーズは85%の客室が海側に面しており、そのうちの80%は占有ベランダ付きの客室です。より多くのお客様に、明るく広々とした空間をお楽しみいただけます。

シグネチャークラス
ホーランドアメリカ史上最大級の客船。人気のビスタシリーズよりもさらにゆとりをもって設計されたパブリックスペース、パノラマオーシャンビューを楽しめるバー”シルクデン”、アジアンレストラン”タマリンド”等、今までのホーランドアメリカラインの客船にはなかった施設なども加わり、スタイリッシュでありながら、ホーランドアメリカラインならではのエレガントさを兼ね揃えた新しい魅力をお楽しみ頂ける客船です。
 



 Rクラス
アムステルダム
アムステルダム
2000年就航
全長238M
総トン数:62,735トン
1880年初代アムステルダムが就航、以来100年以上の時を越え、代々名前を襲名し、現在のアムステルダムは2000年就航のアムステルダムIII号!
ホーランドアメリカライン特有の落ち着いたエレガントでクラシカルな雰囲気の中に赤やオレンジを基調とした華やかでありながら温かみのある船内の色調、まるで我が家にいるようにリラックスしていただけるクルーの細やかなサービスのんびりと過ごされたい方、ロングクルーズを好まれる方にお勧めの客船です
ロッテルダム
ロッテルダム
1997年就航
全長:240M
総トン数:59,652トン
オランダとアメリカを結ぶ大西洋航路に最初に投入されたホーランドアメリカのフラッグシップ、ロッテルダム。
代々HALのフラッグシップにはロッテルダムの名がつけられ、現在のロッテルダムは1997年就航のロッテルダムVI号
大航海時代の趣をそのままに残す、木をふんだんに取り入れた内装青とグリーンを基調としたヨーロピアン調のノスタルジックでエレガントな船内装飾のコンセプトは“東洋と西洋の交易改装された装飾品はまるで美術館の中を歩いている気分を感じさせてくれます。
ゆったりと過ごす贅沢な時間、まさに女王の名にふさわしいホーランドアメリカライン自慢のフラッグシップです
フォーレンダム
フォーレンダム
1999年就航
全長238M
総トン数:61,214トン
3層吹き抜けのアトリウムは贅沢なベネチアングラスのタワーがそびえます
船内の装飾のテーマは、“花”絵画や彫刻、ショーラウンジのランプ、壁紙の刺繍にいたるまで、花をモチーフにした装飾が施されています
アムステルダムとロッテルダムとほぼ同型の船ながら外観は2本ファンネル(煙突)のアムステルダムとロッテルダムに対して、ファンネルが1本というのが特徴です
ザーンダム
ザーンダム
2000年就航
全長:238M
総トン数:61,396トン
フォーレンダムの姉妹船
テーマは“音楽”装飾には有名な音楽家の写真や楽器、また音符をアレンジした壁紙の刺繍等が施されています
3層吹き抜けのアトリウムには真っ白なからくり仕掛けのパイプオルガンがそびえ時間になるとからくり人形と共に音楽を奏でます。
   
 Sクラス
スタテンダム
スタテンダム
1993年就航
全長:200M
総トン数:55,819トン
ホーランドアメリカラインならではのクラシカルで落ち着いた雰囲気をかもし出す、人気の中型クラスの客船です
また海側以上のキャビンには全てバスタブが設置されているのもホーランドアメリカラインの客船の特徴
   
マースダム
マースダム
1993年就航
全長:200M
総トン数:55,575トン
オランダのマース川にちなんで名づけられたマースダム
スタテンダムと同型ですが、内装はグリーンを貴重としたより明るく洗練されたイメージ
船尾部分2層にまたがるダイニングルームは3方が見渡せるドラマチックな空間となっています
キャビン内も充実しているため、ゆっくりとおくつろぎいただけます。

   
ラインダム
ラインダム
1994年就航
全長:200M
総トン数:55,819トン
3層吹き抜けのアトリウムの美しい噴水が特徴的
船尾に設けられた2層吹き抜けのダイニングは3方がオーシャン・ビューでドラマチックな階段が設けてあり、エレガントな雰囲気を醸し出しています
オランダのアンティークを主体にしたインテリア、常に花を絶やさない船内、チークをふんだんに使ったデッキといったインテリアに人気があります。
   
ヴィーンダム
ヴィーンダム
1996年就航
全長:200M
総トン数:57,092トン
2006年に改装
ウッディで落ち着いたインテリアに、セラミックがアクセントとなり、少し現代的な雰囲気があります
キャビンだけでなく、船内にはくつろげるスペースを沢山設けています
   
 プリンセンダムクラス
プリンセンダム
プリンセンダム
2002年就航
全長:204M
総トン数:38,100トン
かつて20世紀最高の名船と謳われた元ロイヤル・バイキング・サン
その後シーボーンに転籍、シーボーン・サンとして活躍した後2002年、ホーランドアメリカラインの船団に加わり、プリンセンダムとして就航しています
約38,000トンの客船に793人の定員数でよりゆったりとした時間をお過ごしいただけます
船内は昔の趣を残しながらも、ホーランドアメリカ独特の木をふんだんに使ったクラシカルな色調でまとめパブリックスペースもホーランドオリジナルの名前に変更されました
「世界最高級」の評価を受けた客船は今も健在現在でもロイヤル・バイキング・サンの時代からのお客様のリピーターの方にも人気の客船です。
   
 ビスタクラス
ザイデルダム
ザイデルダム
2002年就航
全長:285M
総トン数:82,305トン
ザイデルダムはオランダ語で“南”を意味します
ホーランドアメリカライン初の82,000トンクラスの客船です
海が見渡せる10層吹き抜けのシースルーエレベーターも新しく設置、お客様お一人当たりにより広いパブリックスペースをご提供します。
   
オーステルダム
オーステルダム
2003年就航
全長:285M
総トン数:82,305トン
オーステルダムは“東”を意味します
2003年就航のビスタシップの第2船です
ザイデルダムと同型船ですが、船内の装飾品や絵画等、よりモダンな雰囲気をかもし出しています。
ザイデルダム同様、明るく広いパブリックスペース、ホーランドアメリカならではのきめの細かいサービスをお楽しみいただけます
特に船の随所に飾られた美術館・博物館コレクションと見間違うほどの充実したものとなっております。
   
ウエステルダム
ウェステルダム
2004年就航
全長:285M
総トン数:82,348トン
ウエステルダムは“西”を意味します
最適のエネルギー効率とAzipod推進システムのディーゼル電気機関車発電所の使用など、最新の産業と環境技術を取り入れています
客室の大部分は海側にあり多くのプライベートベランダを有しています
   
ノールダム
ノールダム
2006年就航
全長:285M
総トン数:82,318トン
ノールダムは“北”を意味します
2006年就航のビスタシリーズ第4船目にしてこのシリーズの最終船です。
チーク材を多用し、伝統的な雰囲気を醸し出しており、船を全周できるプロムナード・デッキ、デッキ・チェアなどいずれもチーク材でできております
エクスプローラーズ・ラウンジは食後にコーヒーを飲みながら、室内楽の演奏に耳を傾けるのに最適な場所として人気があります。
   
 シグネチャークラス
ニューアムステルダム
ニューアムステルダム
2010年就航
全長:285M
総トン数:86,700トン
歴代のニューアムステルダムと同じく、ニューヨークの魅力と歴史を反映した内装やアートコレクションとなっています。
2008年デビューのユーロダムで人気のアジアンレストラン‘タマリンド’やパノラマオーシャンビューを楽しめるバー‘シルク・デン’‘ショールーム・アット・シー’などの施設も備えています
第4代目ニューアムステルダムとして誇り高き伝統を受け継ぎ、発展を続けるホーランドアメリカラインの洗練された中型客船です
   
ユーロダム
ユーロダム
ホーランドアメリカラインの最大級
オランダのベアトリクス女王によって命名式が行われました。
ホーランドアメリカライン社の伝統に続く、ユーロダムは「オランダの黄金時代-尽きない伝統」をテーマとしたこの上なく素晴らしいアートコレクションが特徴です。
人気のビスタシリーズよりも更にゆとりをもって設計されたパブリックスペース、パノラマオーシャンビューを楽しめるバー‘シルクデン’アジアンレストラン‘タマリンド’、イタリアンレストラン、‘カナレット’等、今までのホーランドアメリカラインの客船に無かった施設等も加わり、スタイリッシュでありながら、ホーランドアメリカラインならではのエレガントさを兼ねそろえた、新しい魅力をお楽しみいただける客船です。
 
2008年就航
全長:285M
総トン数:86,273トン
Pinnacleクラス
コーニングスダム
コーニングスダム
2016年4月就航
全長284.9M/全幅32.3 M
99,500トン
乗客定員5,400人
「コーニングスダム」という船名のうち、「コーニング」とはオランダ語で「国王」を指す。1883年以来、同社の客船の船名の最後には「ダム」の名称が付けられており、今回もその伝統を受け継ぐ。
   
ワンポイント・アドバイス!
※2009 年8 月現在の情報となります。料金等変更となる場合もございます。
≪選べるお食事スタイル As You Wish Dining≫
ダイニングルームではフルコースのお食事を、リドレストランではカジュアルなビュッフェ方式のお食事を、有料レストランピナクルグリルではノースウェストスタイルの特製コースを、プールサイドのテラスグリルでは作りたてのホットドッグやハンバーガーなどをお召し上がりいただけます。また、最新造船ユーロダム号とニューアムステルダム号ではイタリア料理のカナレットレストラン、アジア料理のタマリンドレストランもございます。(カナレットは他船でも順次導入予定)
ダイニングルームでのご夕食は時間指定のプレセットダイニング(ファーストシーティング、セカンドシーティングの2 回制)とオープンシーティングをご用意しております。ご予約時にご希望の食事スタイルをお知らせください。先着順にての受付となりますので、ご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。プレセットダイニングの目安時間帯は下記となります。クルーズにより変更になる場合がございます。
◆ファーストシーティング 17:45~
◆セカンドシーティング 20:00~
オープンシーティングはお好きな時間にお召し上がりいただけます。オープン時間は17:15~21:00 となります。朝食、昼食は共に自由席となります。
ピナクルグリルは有料/予約制レストランとなります。テーブルチャージはお一人様昼食10 米ドル、夕食29米ドルとなります。ブルガリの陶磁器、純銀製の食器、リーデルクリスタルのグラスを使用した最高級のお食事が楽しめます。大変人気のレストランですのでお早めにご予約をお勧めいたします。
リドレストランはすべて自由席となります。朝食・昼食・夕食のほかに、日中はアイスクリームバーや軽食、夜は夜食(~12:00まで ※寄港時間によって終了が早まる場合もございます。)もご用意しております。コーヒーや紅茶などは24時間リドレストランでもお召し上がりいただけます。プールサイドのテラスグリルでは作りたてのホットドッグ、ハンバーガー、ピザやタコ スなどをご用意しております。
新しい船にございますイタリアンレストラン“カナレット”及びアジア料理レストラン“タマリンド”は予約制になります。カナレットでのご夕食はお一人様10米ドル。タマリンドでのご夕食はお一人様 15 米ドルのテーブルチャージが必要となります。タマリンドでの昼食は無料です。その他、24 時間無料のルームサービスもございます。
 
≪服装≫
TPOに応じた服装はクルーズを楽しむ為に必要ですが何よりも快適な服装が肝心です。日中及び寄港地ではお好きな服装でおくつろぎください。夕刻以降の公共の場所及びダイニングルームでの夕食時の服装は「スマートカジュアル」「フォーマル」に分かれています。毎夜キャビンにお届けする船内新聞で翌日のドレスコードをご案内しています。通常、一週間に二度程度の割合でフォーマルがございます。各ドレスコードの服装の目安は次のとおりです。なお、ダイニングやリドレストランそのほかの公共の場所ではTシャツ、水着、タンクトップ、短パン姿はお断りいたします。
スマートカジュアル フォーマル
男性 スラックス、襟付きシャツ、ジャケットなど タキシードまたはスーツにネクタイ着用
女性 ワンピース、ブラウスとスカートなど イブニングドレスやカクテルドレス
 
≪船内での通貨≫
船内通貨は米ドルです。船内はキャッシュレスで生活していただき下船時に一括精算となります。ご精算は現金払いかクレジットカード払いからお選びいただけます。使用できるクレジットカードはビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレスとなります。現金での精算の場合お一人様あたりデポジット1 日60 米ドルが必要となります。(10 日の場合は600 米ドル)
 
≪チップ≫
ホテルサービスチャージ(チップ)は通常のキャビンではお一人様1泊あたり11.5米ドルが、スイート以上のお部屋をご利用のお客様はお一人様1泊あたり12米ドルが船内会計に自動的に加算されます。バー及び食事の際の飲酒代には15%のサービス料を自動的に加算させていただいております。
 
≪客室≫
豪華なユーロトップのベッドと高級リネン、テリークロスのバスローブ、フラットパネルTV、マッサージシャワーヘッド、高級アメニティ、エジプト綿100%のタオル類、夜のターンダウンサービス(チョコレート付)など心やすらぐ客室をご用意しております。
 
≪電源≫
キャビンは110 ボルトと220 ボルトとなっております。通常の日本の電気製品はご利用いただけますが、精密機器をご利用の場合は変圧器をご用意ください。
 
≪アメニティ≫
イギリス高級スパ・スキンケアブランド「Elemis」をバスルームアメニティとして全室にご用意。世界各地で使われる、アンチエイジング効果の高いイギリスの自然派スパブランドの「エレミス」は、天然の有効成分による優しい香りとリラックスタイムをお楽しみいただけます。
 
≪ランドリーサービス≫
Rクラス・Sクラスにあたる5~6万トンクラスの客船にはコインランドリーサービスがついております。(洗濯 2米ドル、乾燥$1米ドル)
その他の船ではクルーニングサービス(有料)のみの提供となります。
 
≪喫煙環境≫
ホーランドではバルコニーであってもキャビン内で喫煙することは出来ません。喫煙する際は所定の喫煙スペースにて喫煙していただく必要がございます。ただし、許可されているのが極一部のデッキとカジノ営業時間でプレーしている方のみになります。
ホーランドのバルコニーがあるお部屋では、バルコニーに出て喫煙は可能ですが、予め灰皿の用意はございません。また、規定外での喫煙が見つかりますと、罰金になりますので十分にご注意ください。
 
≪エクスプロラレーションズカフェ≫
ニューヨークタイムズ協賛のエクスプロラレーションズカフェでは本や新聞を読んだり、オーディオやビデオプログラムを楽しむことができる快適なコーヒーハウスのような場所を提供しています。ペストリーやエスプレッソを楽しむことができます。こちらのカフェメニューは有料です。インター ネットステーションもこちらにご用意してあります。全船で無線LAN“hotspot”へ接続可能です。
 
≪寄港地での観光≫
各寄港地では様々な観光(ショアエクスカーション)をご用意しております。ショアエクスカーションのご予約はホーランドアメリカラインのHPより出航の5 日前まで受け付けております。お支払いはカード決済となり、チケットは乗船時キャビンへお届けいたします。乗船後ショアエクスカーションデスクでもお申し込みいただけます。
 
≪リピーター特典≫
リピーターのお客様は乗船期間によってメダル&ピンバッチがございます。またリピーター番号(マリナー番号)が発行されます。次回乗船時に割引が適用されるクルーズもございますのでご予約時にお伝えください。
 
世界中の海域を安定的に運行する[大人の雰囲気抜群の客船]ホーランドアメリカライン。 大型化する客船の中であえて中型船を中心に運行。 上質な客室とおいしい食事がリピーター獲得の秘訣。濃紺と白の船体は重厚さとかっこよさを備え港で絵になる客船の代名詞。 そして何よりもお手頃価格で利用が出来るところが一番のおすすめポイントです。
 

PAGE TOP