日本・北米・アジアの安心ネットワークで、海外・国内の格安ツアー/航空券からクルーズやビジネスクラスなどワンランク上の旅までお手伝いします


グルメランキング

海外クルーズ > P&Oクルーズ

P&Oクルーズ | クルーズ・航空券・ツアーのIACEトラベル

オーストラリア発着を年間を通して運行しているP&O。南半球の船旅をカジュアルな雰囲気で楽しみたい方にお勧めの船会社です。
P&Oクルーズ
条件を指定して検索
↓最大3都市まで選択可能
こだわりの絞り込み
世界遺産を含む
ハネムーン
フルムーン
5泊以内
6泊以上9泊以下
10泊以上
日本人コーディネーター乗船
P&Oクルーズとは
白い船い青いラインを描き、水平線上の太陽という同社のマークもペイントされ、南太平洋の明るいイメージを強く打ち出している。
クルーズ代金も手ごろ。若者やファミリー層が多く、デッキ上のプール、船内レストランなどはいたってカジュアルな雰囲気で、気軽にクルーズを楽しめる。
「パシフィック・ジュエル」「パシフィック・ドーン」「パシフィック・パール」mp3隻には、地元オーストラリアの人気シェフ、ルーク・マンガン氏が監修するレストラン「ソルト・グリル」が設置されている。
「パシフィック・サン」は、2008年に同社の客船として初めて日本に寄港した。


バヌアツ観光①   バヌアツ観光②   パイン島観光   ヌーメア観光   フィジー観光
パシフィック・ドーン
 
1991年就航
全長:245m
総トン数:71,285トン
2007年にデビューしたオーストラリア初の本格的な大型客船。
前身は、プリンセスクルーズの【リーガル・プリンセス】
イタリア人建築家レンゾ・ピアノが、造船技術と自然環境の要素を融合させて、イルカを思わせる優美な外観を造り上げた。
ゴットマザー(命名者)はシドニーオリンピック陸上競技金メダリストのキャシー・フリーマン、英国風の伝統を守りつつ自由でフレンドリーな雰囲気があふれる。
広々としたデッキが自慢で、手ごろなバルコニー付客室が豊富、子供向け施設もあり、ファミリー乗船者にも対応している。
   
パシフィック・ジュエル
 
1990年就航
全長:246m
総トン数:70,310トン
英国のオーシャン・ビレッジ・クルーズで活躍していたが、改装されて2009年12月にデビュー。
色調を明るく、ファミリーからシニアまで、より幅広い世代にマッチしたカジュアルなクルーズ船として生まれ変わった。
オーストリアの著名シェフ、ルーク・マンガン氏監修のグリルレストランも設置された。
P&Oクルーズ最大規模、1300平方メートルもの広さを持つスパ&ジムは、オーシャンビューのトリートメントルールを備えている。
エンターテインメントは4つのラウンジで繰り広げられ、子供やティーンエイジャーのためのゾーンも備えられている。

   
パシフィック・パール
 
1987年就航
全長:450m
総トン数:63,789トン
P&Oプリンセス・クルーズの初代【スタープリンセス】として活躍した後、P&Oクルーズ【アルカディア】を経て、傘下のオーシャン・ビレッジに就航していたが、同ブランドの終了に伴い、2010年P&Oオーストラリアへ移籍、現船名となった。
3人または4人で使用可能な客室が多い。
オーソドックスな設備に加え、オーストラリアの人気シェフ監修のスペシャリティー・レストランや子供向け施設もしっかり備え、家族でたっぷり楽しめる船だ。
おもにオーストラリアやニュージーランド、南太平洋の島々をめぐるクルーズに就航している。

   
パシフィック・サン
 
1986年就航
全長:225m
総トン数:47,678トン
1986年にカーニバル・クルーズ・ラインが建造し、2004年にP&Oオーストラリアへ移籍して現船名となった。
オーストラリアやニュージーランドのクルーズ初心者を中心に、快適なクルーズを提供している。
メインダイニングの他、すしやスナックバー、ピッツェリアもある。
【チャイナ―ズ・ライブラリー】ではインターネット接続が出来、カジノではブラックジャックやルーレットが楽しめる。
にぎやかで陽気なかーじ^スタイルの船内は、若者や気持ちの若い熟年カップル、子供連れのファミリー向きだ。
   
オーストラリア発着を年間を通して運行しているP&O。南半球の船旅をカジュアルな雰囲気で楽しみたい方にお勧めの船会社です。

PAGE TOP