日本・北米・アジアの安心ネットワークで、海外・国内の格安ツアー/航空券からクルーズやビジネスクラスなどワンランク上の旅までお手伝いします


グルメランキング

海外クルーズ > サガクルーズ

サガクルーズ | クルーズ・航空券・ツアーのIACEトラベル

大西洋横断の時代から現代に続く英国の華やかな客船史 それを受継ぐサガは、英国のドーバー近郊フォークストーンに本社を置く生粋の英国船社です。ひたすら新しく大きい船へと走る現在のクルーズビジネスとは一線を画し、クラシックかつエレガントな船旅を今も提唱する貴重な存在であると同時に、 それは英国人の価値観そのものでもあるのです。
サガクルーズ  
条件を指定して検索
↓最大3都市まで選択可能
こだわりの絞り込み
世界遺産を含む
ハネムーン
フルムーン
5泊以内
6泊以上9泊以下
10泊以上
日本人コーディネーター乗船
サガクルーズとは
大西洋横断の時代から現代に続く英国の華やかな客船史
それを受継ぐサガは、英国のドーバー近郊フォークストーンに本社を置く生粋の英国船社です。
ひたすら新しく大きい船へと走る現在のクルーズビジネスとは一線を画し、クラシックかつエレガントな船旅を今も提唱する貴重な存在であると同時に、 それは英国人の価値観そのものでもあるのです。

サガクルーズの10の魅力
1.空港までの送迎が無料 / 2.お一人様でのご参加に最適 / 3.ファーストクラスのサービス / 4.45歳以上限定の、大人の船旅
5.チップは不要 / 6.追加料金も不要 / 7.中型船ならではの親しみやすさ / 8.英国ならではの食文化 
9.大人のためのエンターテインメントが充実 / 10.新たな出会いも…

至福の休日
朝、キャビンに運ばれる一杯の紅茶からサガクルーズの一日は始まります。
サガクルーズの旅、そのブリティッシュスタイルの船旅は大人だけが許された特別な時間です。
イギリス客船ならではの本格的なアフタヌーンティー。スコーンやケーキと共に午後のおしゃべりのお共にいかがでしょうか。
またお一人様でも初めての方でも気軽に参加の出来るダンスレッスンを開催。
ステップを習い、夜のダンスタイムで披露されては如何でしょうか。
ダンスを通じて新しい友人が増えるかもしれません。
ジャズ、クラシック、ビッグバンドの生演奏、 ダンスにプロゴルファーのレッスン、 そして贅を尽くした食と酒。
すべてはサガクルーズの洋上に用意された 大人の嗜みです。
 
偉大なる船「サガルビー」
サガルビーは1973年、当時ノルウェージャンアメリカラインの「ビスタフィヨルド」として就航、英国やオランダ船とは一線を画する優美な北欧の客船は、瞬く間に世界中の客船愛好家、クルーズファンを魅了しました。その後キュナードに移籍、「カロニア」の名で活躍し、2004年から現在の英国船社サガのフラッグシップ「サガルビー」として現在に至っています。英国で建造された最後の客船としても世界で知られるサガルビー、現存する最後のオーシャンライナーは、英国で建造された最後の客船でもあります。

英国スタイル
大西洋横断の時代から現代に続く英国の華やかな客船史、それを受継ぐサガは、英国のドーバー近郊フォークストーンに本社を置く生粋の英国船社。ひたすら新しく大きい船へと走る現在のクルーズビジネスとは一線を画し、クラシックかつエレガントな船旅を今も提唱する貴重な存在であると同時に、それは英国人の価値観そのものでもあるのです。朝、キャビンに運ばれるお目覚めの紅茶から英国流船旅の一日が始まります。そして特筆すべきは、フォーマルディナーの夜、驚異のタキシード着用率。最近のクルーズではドレスコードが曖昧になりつつありますが、インフォーマルはスーツ&タイ、フォーマルはタキシード、それが英国スタイルの流儀。

ダンス
サガルビーには、1973年にビスタフィヨルドとして建造された当時のままの素晴らしいダンスホールがあります。船幅いっぱいに広がるブリタニアラウンジには円形のダンスホールがあり、毎晩ダンスタイムが設けられています。シングルでご参加のご婦人には、船社専属のダンスホストがお相手いたします。もう一つの大きなダンスフロア、ボールルームは、音楽・コメディ・ミュージカルなどの行われるシアターでもあり、この船でもっとも賑わいを見せるパブリックスペースとなっています。
サガクルーズ
クラシック、そして新しい
サガはクラシックかつエレガントな船旅を提唱すると同時に、数々の新しいシステムを取り入れています。例えば、ロンドン市内からドーバー港、サウザンプトンへの無料送迎サービス、ノーチップ制、大人の船旅を目指すがゆえの年齢制限、カジノの廃止など。サガの船はエンターティメントの箱ではなく、あくまで船旅を楽しむための純客船を目指しています。サガには英国船社としての誇りがあります。

ブリティッシュ・クルージング
サガの船旅は、すべて英国サウザンプトンやドーバーから出港します。春から秋にかけて訪れるノルウェーフィヨルド、北極圏・ノースケープ、バルト海、地中海。寒い冬をエスケープしてカナリア諸島、マデイラ、カリブ海へのクルーズ、そして110日以上に及ぶ世界一周など、多彩なコースが設定されています。日本から直行便のフライトでロンドンへ、そしてそこから始まるブリティッシュ・クルージングは、日本のお客様にはとても参加しやすいクルーズでもあります
 
サガクルーズ
 
船舶紹介
  サガルビー
1973年就航(2004年改装)
全長191M
総トン数:24,500トン
サガルビー号
  サガルビーは1973年、当時ノルウェージャンアメリカラインの「ビスタフィヨルド」として就航、英国やオランダ船とは一線を画する優美な北欧の客船は、瞬く間に世界中の客船愛好家、クルーズファンを魅了しました。その後キュナードに移籍、「カロニア」の名で活躍し、2004年から現在の英国船社サガのフラッグシップ「サガルビー」として現在に至っています。
流れるような美しい船体のライン、上質なチーク材で敷き詰められたプロムナードデッキ、グランダムなダンスホール、そのすべてはあまりにも贅沢すぎて現代のクルーズ船では真似のできないことばかり。最後のオーシャンライナー「サガルビー」にぜひ一度ご乗船下さい。
 
  サガサファイア
1982年就航(2011年改装)
全長:200M
総トン数:37301トン
サガサファイア号
  2012年、サガの新しいフリート「サガサファイア」が就航、そのオリジンはドイツ・ハパグロイドの「オイローパ」。
1982年の就航と同時に、ベルリッツクルーズガイドにて最高得点を獲得、船内は実に贅沢なゆったりとしたレイアウトになっています。
その素晴らしい素質を持つ船をサガが購入、巨費を投じての大改装を行いました。特筆すべきはキャビンの広さと快適さです。
 
  サガパールⅡ  > この船の紹介動画はこちら①  > この船の紹介動画はこちら②
1981年就航
全長:165M
総トン数:18,627トン
サガパールⅡ号
  タキシード率100%、年齢制限50歳以上(日本人を除く)というスタイルは、カジュアル化が進む近年のクルーズの傾向とは対極にあるといえます。
客室に運ばれてくるモーニング・ティーや正統派アフタヌーン・ティーなどにもブリティッシュ・スタイルが感じられる。サガのクルーズに参加する際には、ロンドン市内の自宅やホテル、空港から客船まで無料の送迎サービスがあります。
大西洋横断の時代から現代に続く英国の華やかな客船史 それを受継ぐサガは、英国のドーバー近郊フォークストーンに本社を置く生粋の英国船社です。ひたすら新しく大きい船へと走る現在のクルーズビジネスとは一線を画し、クラシックかつエレガントな船旅を今も提唱する貴重な存在であると同時に、 それは英国人の価値観そのものでもあるのです。

PAGE TOP