日本・北米・アジアの安心ネットワークで、海外・国内の格安ツアー/航空券からクルーズやビジネスクラスなどワンランク上の旅までお手伝いします


TOP> 査証 申請代行> 海外へご出発のお客様へ 重要なご案内
海外へご出発のお客様へ 重要なご案内

海外旅行に際して出入国書類の手続きに不備がないか予めご確認をお願い致します。
査証や残存有効期間に関する詳しい情報は、外務省や在日公館、航空会社のホームページ等を参照ください。

   
 パスポートの有効期限は、十分残っていますか?
訪問国により、パスポートの必要な残存有効期間が異なります。今回の旅行で訪問される国が求める残存有効期間を満たしていることをご確認ください。
  ※残存有効期間のあるパスポートをお持ちのお客様も、残存有効期間が1年未満の場合は新規パスポートへ切替されることをおすすめします。
   
 訪問国は査証(査証)が必要ではないでしょうか?
訪問国、目的(観光業務、就労、留学など)、滞在日数、国籍、入国時の諸条件(復路の予約済み航空券所持など)等によって訪問国より査証(ビザ)取得が求めらます。今回のご旅行で査証が必要な場合は、取得済み(または出発前に取得予定)であることを確認ください。
  ●査証手続きの代行などをご希望のお客様は、担当スタッフにご相談ください。
   
 訪問国の事前手続きはお済みでしょうか?
訪問国によっては事前登録や使用するパスポートに制限がある場合がございます。
手続きが完了している事をご確認ください。
 
[米国およびグアム・北マリアナ諸島連邦に渡航されるお客様] ESTAの導入・始動について
パスポートが「機械読み取り式」であることを確認ください。「機械読み取り式でないパスポート」の場合は、新規パスポートへの切替申請または米国査証が必要となります。 また乗継を含め米国へ入国されるお客様はESTA(電子渡航認証システム)の登録が必要となります。
 
グアム-北マリアナ諸島連邦査証免除制度を利用し、グアム・北マリアナ諸島連邦(サイパン・ロタ・テニアン)に渡航する方は、ESTAの登録は不要です。ただし日本国籍で機械読み取り式でないパスポートの方や外国籍の方については、査証が必要となる場合があります。
   
※日本国籍以外の方※
ご自身で自国の領事館、渡航先の領事館、入国管理事務所などにお問合せの上、ビザ及び再入国許可証、パスポートの残存有効期間等の確認および手続きをお済ませください。
 
各国大使館ホームページ 査証申請について
  米国大使館   カナダ大使館   ミクロネシア大使館   ベトナム大使館
大韓民国大使館 台湾大使館 香港総領事館 オーストラリア大使館
シンガポール外務省 中華人民共和国大使館 カンボジア大使館 英国大使館
フランス大使館 ドイツ大使館 イタリア大使館
 
 

PAGE TOP