• 業務渡航・出張手配
  • 学会・見本市ツアー
  • 海外招聘
  • 団体・グループ旅行
  • VISA代行申請サービス

TOP > VISA代行申請サービス > 査証条件<ブラジル>

ブラジル

ビザ条件

業務目的でブラジルを訪れる際は事前にビザ取得が必要です。

必要書類(日本国籍/業務渡航) ※下記は東京申請の必要書類となります。

申請書 弊社にて査証申請書を作成させていただきます。
お申込み手続後に質問書をお渡しいたしますので、ご記入をお願いいたします。
パスポート(原本) ・必要残存期間:申請時6ヵ月以上。
・未使用査証欄:連続2ページ以上必要。
・査証申請日からさかのぼり1年以内にブラジル渡航履歴(出入国のスタンプ、査証)が
  旧パスポートにある場合は旧パスポート(原本)も提出が必要です。
有効期間
滞在可能日数
・最長3年間有効マルチプル:1回滞在最長90日間(査証に特記事項がある場合は最長90日間で
              滞在不可の可能性有。また、査証発給日から90日間以内に入国する)。
              1年間の合計滞在日数は180日間までとなる。
証明写真 ・カラー 1枚
・縦4.5cmX横3.5cm(ただし、多少大きくても良い)。
・背景は白のもの。無帽。顔と肩が完全に写真に納まっていること。カメラ目線で自然な表情、
 目は開いている状態で、はっきりと見えること。
・顔のサイズ(顎から頭の先まで)が縦3.1cm~3.6cm。
・6ヵ月以内に撮影したもの。
追加書類・条件

1. 英文会社推薦状(原本) 1部
    ・カラーレターヘッドのある用紙に英語または、ポルトガル語で以下の内容を明記する事。
     白黒レターヘッドの場合は社判、公印が必要となります。
    ・出張者姓名
    ・役職(所属部署と役職を明記)
    ・日本出発日
    ・ブラジル入国地/入国日/出国日
    ・滞在日数
    1. 1回の滞在期間が7日以上の場合:詳細な滞在理由を記入する。
    2. 1回の滞在期間が30日未満で、数次入国予定の場合:次回入国予定日・入国地・滞在日数を記入する。
    3. 31日以上の滞在を希望する場合:その理由を記入する。
    ・滞在目的(具体的な商談、視察内容および技術支援、機械操作を行わない旨を明記)。
    ・訪問・商談先の企業名・連絡先
    ・往復・滞在費の保証およびブラジル国の法律を守り行動する旨
    ・責任者の直筆のサイン、責任者アルファベット名、責任者役職、責任者会社名、角印または公印が必要。
    ※代表取締役が出張の場合は、本人サインは不可。他の役職の方のサインが必要。

2. 補足質問書 1部
    ・申請日から遡って1年以内にブラジルに渡航歴がある場合のみ必要。過去1年間それぞれの
     査証の許可日・入国日・出国日・滞在日数、1年間の合計滞在日数を記入する。

●ブラジル渡航歴がある場合
    ・旧旅券に有効な査証がある場合、新旧両方の旅券を持参すれば入国可能。
     ただし、入国目的が同じ場合に限る。
    ・有効なブラジル永住権カードを所持する日本国籍で、ブラジル出国後2年以内に
     ブラジルに戻る場合、査証不要。

●ご注意
    ・査証発給後、受領時以外に査証面の項目の訂正は不可。
    ・査証受領後、一度総領事館を出た後の変更や訂正は不可。訂正する場合、申請のやり直しとなる。

申請期間
申請代行代金
5営業日 ¥24,000-
追記内容

現住所により、申請場所が異なります。

【 在東京ブラジル連邦共和国総領事館管轄区域 】
北海道
東北(青森、岩手、山形、宮城、秋田、福島)
関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)
中部(新潟、長野、山梨)

【 在名古屋ブラジル連邦共和国総領事館管轄区域 】
中部(富山、石川、福井、愛知、岐阜)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
近畿(滋賀、京都、兵庫、三重、奈良、大阪、和歌山)
四国(徳島、愛媛、香川、高知)
沖縄

【 在浜松ブラジル総領事館管轄区域 】
静岡
※名古屋、浜松管轄の方は申請書類、期間、代金が内容が異なります。弊社までお問い合わせくださいませ。


※商談・視察等の短期出張者、ジャーナリスト・映画撮影技術者、その関係者等、ブラジル国籍の未成年者との
 養子縁組手続が目的で入国する方は、御手数ですが弊社までお問い合わせいただきますようお願いいたします。
※外国籍の申請の際は、御手数ですが弊社までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ビザサポートデスク



PAGE TOP