グルメランキング
 
クルーズ旅行体験記
 
 

クルーズ・ドゥ・フランス ゼニス号クルーズ

 

<航路>
①2015/08/30 19:00マルセイユ出港(12:00チェックイン開始 15:00乗船締切)
②2015/08/31 08:00バルセロナ着港 18:00バルセロナ出港(17:30帰船締切)
③2015/09/01 10:00アリカンテ着港 18:00アリカンテ出港(17:30帰船締切)
④2015/09/02 09:00パルマ・デ・マヨルカ着港 18:00パルマ・デ・マヨルカ出港(17:30帰船締切)
⑤2015/09/03 09:00メノルカ・マオン着港 18:00メノルカ・マオン出港(17:30帰船締切)
⑥2015/09/04 11:00イビサ着港 (停泊)
⑦2015/09/05 11:00イビサ出港(10:30帰船締切)
⑧2015/09/06 09:00マルセイユ着港(10:30チェックアウト 11:40荷物受取)

内側客室料金明細 →実際には内側客室の料金で海側客室にアップグレード!
クルーズ代金 1人目/2人目  \ 40,600 × 2
クルーズ代金 3人目/4人目  \ 10,000 × 2
港湾税・諸税 \ 26,000 × 4
【4名様合計 ご旅行代金総額】\205,200

<港までのアクセス>
・マルセイユ市内から港までメトロとバスで行きました。JOLIETTE駅でBUS 35に乗ったのですが、CAP JANETまでバス停から約2kmあり、炎天下でスーツケースを引きながらの2kmは最悪でした。タクシーを使った方が良いと思います。
・タクシー代は、サン・シャルル駅とCAP JANET間でEUR 20.00程度と伺っていましたが、EUR 30.00程度にスーツケース1個あたりEUR 5.00かかりました。

<チェックイン時>
・名前を確認され、区分けした番号札が渡され、先に荷物を預けるよう促されました。
・約30分待って、チェックインをしました。
・オレンジジュースと水の無料サービスがありました。
・チェックインは、パスポートの預かり、クレジットカードの登録、ドリンクタグとキッズタグの取り付けがありました。英語の話せるスタッフもいらっしゃるようでしたが、全てフランス語でした。
・保安検査と写真撮影を受け、すぐにお部屋まで行けました。

<お部屋>
・内側キャビンを予約して行きましたが、海側キャビンで窓から外が見えました。
・ツイン+プルダウン式の4人部屋を利用しました。約90cm幅。ベッドでした。プルダウン式は、小学生が寝るには十分でしたが、大人が1週間寝るには疲労を伴うかも知れません。
・予想していたより広く、スーツケースを広げても十分なスペースがありました。しかし、航海中は揺れるので安全のため、荷物は全てクローゼットにしまうよう放送がありました。荷物は、全て引き出しに入れ、スーツケースは仕舞いっぱなしにしました。
・水回りの古さは否めませんが、清潔に保たれている印象を受けました。

<清掃>
・朝食時、昼間の外出時、夕食時の1日3回、清掃が入りました。タオルも都度交換してくれるので、プールや海に入った後も、気にせずシャワーを浴び、タオルを使用することが出来ました。
・全て同じスタッフだったので、頼み易かったです。

<ドレスコード>
・ホワイト、ディスコ、ガーラ、ロックンロール、トロピカル、エレガンスのドレスコードがありました。
・カジュアル船だからか、何もしていないTシャツとジーパンの人もいれば、こだわっている人もいて、様々でした。
・割とカジュアルだったと思いますが、ガーラ、エレガンスは、きちんとしたフォーマルを用意して行った方が良いと思いました。男性は、スーツにネクタイ、女性はワンピースと言うより日本の結婚式に参列するイメージが適していると思いました。
・ご年配の方は、ワンポイントが多かったように思います。
・船内のクラフト教室でその日のドレスコードに合ったアイテムを作ることも出来ました。


<レストラン>
・全日、7階のレストランでいただきました。ゴージャスな空間で、最高に美味しいフランス料理のフルコースが毎晩味わえ、感激致しました。
・子供に対しての特別メニューの提供、アレルギーに対しての対応等、きめ細やかなサービスに感動致しました。
・11階のビュッフェでも同じ内容のメニューが並んでいました。
・雰囲気を楽しむなら7階、気軽に軽装で食べたいなら11階、と使い分けられます。

<アクティビティ>
・寄港地では、各種オプショナルツアーが実施されていました。港から市内中心部までのアクセスは、決して良いものではなく、ブロックごとの下船のため、着港から実際に陸地に降りられるまで結構な時間を要します。その点、ツアーでは下船地からバスに乗れるので効率が良いです。海で泳ぐのではなく、観光を効率良くしたい人には、利用価値が高いと思います。フランス語が基本ですが、英語のガイドもありました。
・船内では、ダンスクラス、ビューティークラス、クラフトクラスに参加しました。言語は、全てフランス語でした。

<寄港地について>
■乗船1日目 バルセロナ
何度も行ったことのある街でしたが、今回は、サグラダファミリアの塔に昇ってみました。
朝のバルセロナは、最高に清々しく、徐々に陽が上り暑くなって来ましたが、グラシアス通りなどでのショッピングを楽しみました。
港の横がショッピングモールだったので、帰船時間ギリギリまで遊んでいられたのも良かったと思います。

■乗船2日目 アリカンテ
城壁にエレベーターで上りました。多くのお客さんが同じように城壁へ向かっていたので、ルートとしては、難しくありませんでした。城壁の上から眺めた景色は、最高でした。
その後は、町の中を散策しました。
とても小さな町で、帰船時間が皆様早かった(15時頃)ように思います。
ただ、ここの町は、船のいる場所から町までが遠く、日陰になるところのない道をひたすら30分ほど歩かなくてはいけなくて、真夏の炎天下の中の往復1時間は、きつかったです。
片道EUR 15.00で街中までのバスが出ましたが、それに乗るのも長蛇の列で、並んだ頃には乗れるまでに1時間以上かかると言われ、乗りませんでした。

■乗船3日目 マヨルカ
港からHOP ON HOP OFF BUSに乗って、町めぐりをしました。
中でも最初に訪れたカテドラルは、ガウディの作品もあり、圧巻でした。
また、スペイン村にも行きました。スペインが初めてだった同行者は、思わぬ形で色々な名所のミニ版が見られて楽しそうでした。
港の1つ前のストップがショッピングモールで、ショッピングも楽しめました。


 

■乗船4日目 メノルカ
あいにくの雨(マンホールから水が噴き出る程の大雨!)で、メルカートの観光だけして、船に戻りました。
ツアーも出ていましたが、途中で中止になって皆さん船に戻っていました。
観光やビーチが楽しめないのは残念でしたが、普通の旅行ならホテルに戻ってガッカリなところですが、クルーズ船では、船内アクティビティが楽しめるので、時間を持て余すことはありませんでした。


■乗船5日目 イビサ
大聖堂のある城壁を昇りました。
ベビーカーを抱えて、階段を昇るのは大変でしたが、景色は最高でした。
その後、ビーチまで出て海で遊びました。キレイな海で楽しく遊べました。
旧市街のショッピングも島独特で楽しかったです。
港から町までは、BUSが出ていました。EUR 4.50でした。


<ナイトショー>
・2タイム入れ替え制でした。客室ランクの高い人が1階、それ以外は2階席でした。
・フランス語でのショーですが、言語が分からなくても楽しめるものばかりでした。
・ガーラナイトでは、スタッフの紹介とフラグイベントで、シャンパンサービスがありました。
・最後の夜は、スタッフによるショーで、見慣れた顔のスタッフが舞台にいらして感激致しました。

<チェックアウト時>
・最終泊の日に荷物タグが渡され、遅くとも深夜2時までには荷物をドアの外に出すよう指示がありました。
・マルセイユ着港後、荷物タグごとに指定された場所に移動し待機。1時間程待ち、港に降りてから荷物が出て来るまでにさらに約1時間待ちました。
・タクシーも長蛇の列になっており、下船日は時間に余裕を持ったスケジュールを組むことをオススメします。
・また、空港までのバスに申込をすると、最優先で下船出来るので、ダイレクトに帰国の途に就く方が時間的には効率が良いのかもしれません。

<感想>
初めてのクルーズで、ゆったりのんびりとした船旅を想像していましたが、見たいものを見て、食べたい物を食べて、寄港地での観光もして…となると、かなり忙しい印象を受けました。夕方船に戻ってからは、特に忙しく、アラームを掛けて行動していた程でした。
しかし、フランス料理のフルコースディナーとショーは、何よりの楽しみで、幸せな時間を過ごすことが出来ました。
ホテルごと移動するようなものなので、荷物の移動の必要もなく、島巡りをするには最適だと思いました。
そして、港には船が待っていてくれて、船に戻れば同じスタッフが「おかえりなさい!今日も楽しかった?」と迎えてくれる安心感は、何にも代えがたい物で、私も息子もすっかり虜になりました。

IACE TRAVELの日原様には、事前の細かな不安を解消して頂き、大変お世話になりました。
次回は、また違った航路で船旅を楽しみたいと思っておりますので、是非またよろしくお願い致します。


 

 

PAGE TOP