グルメランキング
 
クルーズ旅行体験記
 
 

ノルウェージャンエピックで巡るカナリア諸島クルーズの旅 添乗レポート

 

2016年1月2日~1月14日 NCLエピック号 団体旅行の添乗員レポートです。


利用航空会社:カタール航空
利用船会社:ノルウェージャンエピック号 11泊クルーズ バルセロナ乗船

リピーターのお客様より仲間内のメンバーで大勢で行くので半年前に同行の要請を受け受注型企画旅行としてご一緒させていただくことになりました。 初めてのカナリア諸島ですが、寄港地では船会社の寄港地観光に参加するのではなく、旧市街を中心に散策したいとのご希望を受け、予め内容を下調べした上で、各寄港地にて市バスやタクシーを活用してのオリジナル散策ツアーを実施。 お金をあまりかけずに寄港地を楽しむと言うIACEらしい行動スケジュールで楽しんでいただきました。

15.5万t、乗客定員4,100名、クルー1,738名の巨大客船エピック号は、今年のウィンターシーズンはバルセロナを母港としてカナリア諸島と地中海航路をバタフライ・ルートにて運行しております。

カタール航空について

成田空港を22時に発ちドーハ乗り換えにてバルセロナへは13時到着。出港19時のクルーズなのでちょうどよいタイムスケジュールでした。経由地ドーハ空港では機材は直接ターミナルに着き、手荷物検査を通って次の乗り場へ行くだけなので、90分あれば十分ゆとりを持って乗継が可能。但し、空港内が非常に広い為かなりの距離を歩くことになります(同一ターミナル内)。旧ドーハ空港では、機材からバスに乗ってターミナルへ移動だったことから、利便性は新空港になり便利にはなっております。 免税店からカフェ、お土産屋さんなど多数揃っており賑やかだが珈琲一杯e8とかなり高額なので注意が必要だ。

バルセロナ港について

バルセロナ空港からバルセロナ港へはタクシーで凡そe36、バスでも所要時間30分程度と非常に便利。今回は団体旅行の為、バスで移動。 港へは15時に到着。この日は満船ということもあり空港は大混雑。 スーツケースは、港のクルーズターミナル入り口でポーターに預けるので、バスから降ろした荷物を30m程自分で持って、直ぐに手放せるので便利です(これはどこの港もほとんと同じ流れ)

乗船手続き

船会社のチェックインカウンターで、パスポート、乗船券、クレジットカード(又は現金)を提示するだけですが、プラス船会社より配られる健康質問書に記入する必要があります。バルセロナ港では、珍しく日本語のフォームもあったので非常に便利である。。


ノルウェージャン・エピック号の紹介

最大の特徴は、船内に有するレストランと食事レパートリーの数です。美味しさの評価と共に記載します。

① ビュッフェ:ガーデンカフェ&グレートアウトドア―ビュッフェ  ★★★★
品数も多く野菜から肉料理、カレー、米、ピザ、スイーツ等何でもそろっており、航海中に例えば地中海料理やアジアフードなどテーマ料理も提供してくれる。また、コーヒーや紅茶以外にセルフサービスのソフトドリンクが常時4種類飲む事が出来るのでありがたい。(ソフトドリンクは他船では珍しい)

② 英国パブ風レストラン オシーハンズ ★★★
ここは毎朝5時から夜は21:30まで営業しているレストラン。朝食はオムレツとパンがメインで早朝から空いて入るので便利でした。
③ マンハッタン・ルーム ★★★
無料メインダイニングの1つ。完全フルコースメニューでレストラン内の装飾も豪華。
④ テイスト ★★★
無料のメインダイニングの1つ。完全フルコースメニューでレストラン内の装飾も豪華。
⑤ 上海 ★
無料の中華料理レストラン。食えたものではない。 炒飯がギリギリセーフか?

上記①から⑤はいずれも無料。 それ以外に有料レストランが以下の通りあり、航海中に予約も可能。

⑥ キャグニーズ・ステーキハウス $30 ★★★★★
⑦ ル・ビストロ $20 フレンチ ★★★★ 
 雰囲気も○
⑧モデルノ $30 シュラスコ ★★★★★ 
 肉好きにはたまらん

⑨ ラ・クイジーナ $20 イタリアン ★★★★
⑩ 鉄板焼き $30 ★★★★
⑪ 焼き鳥&寿司レストラン 時価 ★★★ 
 大したことはない
⑫ シュピーゲルテント $30 ★★★★★
 シルクドリームのサーカスを見ながらフルコース



無料、有料含めて12か所のレストランで日々自由に好きなところで食事をとれるのはノルウェージャンクルーズの特色の1つ。 
予約を入れておかなくても①~⑤は余りならばずに入れます。また、各レストランの予約状況は常に船内の掲示板などで確認することが出来るので便利です。


船内のイベントについて

ショー:①バーンザフロア ダンスショー ②プリシーラ をメイン会場で毎晩行っていたが予約を入れておかないと入れない場合が多く注意が必要だ。 クルーズ後半は、予約が取れなくても順番待ちをするとノーショーが多いようで確実に入れました。予約を入れても当日来場しない乗客が多いことが原因。 その他のイベント:英語が理解できないと楽しめないクイズやビンゴが中心で日本人のご年配のお客様にはあまり面白くありません。毎晩バーラウンジで開かれるダンスパーティはディズコダンスが中心、ソシアルダンスはあまり機会が無いようです。他船だと豪華な雰囲気のラウンジでは常にソシアルダンスの音楽が流れているので、この点のテイストの違いがあります。 船内いたるところにある予約用タッチパネル。ここからレストランやエンターテイメントの予約が可能。 また、各客室にあるテレビからもリモコン操作で予約が出来ます。
希望内容を選択した後で、船内カードを差し込むと予約が完了します。


 

船内の遊ぶ施設のご紹介

 

寄港地観光

バルセロナ→グランカナリア島→テネリフェ島→マデイラ島→マラガ→バルセロナ10泊11日 寄港地ツアーには参加せずに、お客様と共に市バスやタクシーで散策。意外と簡単に見どころにアクセスできるのもクルーズならでは(港を中心に街が発展しているので)

グランカナリア島(ラスパルマス)
港から市バスで旧市街へ(片道e1.4 所要20分)、ドライバー英語不可 市バスの1番又は12番に乗ると行きは旧市街が終点なので心配なし、帰りは港前の停留所を乗り過ごすリスク有り。景色で確認が必要。
注意点:公衆トイレが無いのでレストランでドリンクを買うかe0.5で貸してくれる。


テネリフェ島(港:サンタクルス、旧市街:ララグーナ) ララグーナまではタクシーを4台にわけて港から移動。所要30分、1台辺りe20と格安。 世界遺産の街ララグーナは、まさに古都と呼ぶにふさわしい美しい街並み。


マデイラ島 フンシャル
港からタクシーをチャーターして人気の観光地、ボタニカルガーデン、モンテ村を巡り最後は街の中心部で解散。

凡そ2キロのアスファルトの道路を木製のそりで駆け降りるアトラクション。度々テレビでも紹介され日本人でも知っている方が多いようです。
山頂の教会前から乗るため、そこまで乗ってきたタクシーに後から追い掛けてもらい合流出来るのでロスはありません。一人e15 2人乗りから3人乗りまであります。


マラガ
マラガは港の目の前が街の中心地、e5のシャトルバス(市が運営)で旧市街まで移動し散策が可能。
マラガはピカソの出身地と言うこともあり、ピカソにちなんだ美術館や博物館が人気。
街も綺麗に整備されておりお土産ショッピングから飲食まで個人でも気軽に遊べます。


そしてバルセロナへ

着岸5時、下船10時、フライト15時だったので少しの時間を活用してサグラダファミリアへ。 あと10年で完成するそうでまだ建設途中。周りにはスーパーやお土産屋さんがたくさんあり流石大都会。 今回はバルセロナでは1泊もしませんでしたが、2泊は必要でしょう。



 

帰国後談

10泊13日間、しかも新年1月2日の出発ということで初めは長いなーと感じていたツアーでしたが、楽しい参加者の皆様のおかげで毎日楽しく添乗業務に従事できました。初めてのカナリア諸島だったので土地勘も当然無い中で地図を片手にお客様と相談しながら各地を安全・無難に観光出来ました。 寄港予定だったモロッコのタンジールが波が高い為着岸が出来ず抜港になった事が悔やまれます。 真冬でも気温20度と温暖なカナリア諸島クルーズは、下半期のお勧めしたいデスティネーションとして今後も多くのお客様にご紹介して参ります。

 

PAGE TOP