グルメランキング
 
クルーズ旅行体験記
 
 

 初めてのハワイ4島クルーズ


初めてのクルーズ(2017.1.21-1.28)

勤続25年の特別休暇を半月ほど貰ったので初めてクルーズ船の旅をした。
子供が1歳の時の初めてのハワイ旅行に癒されて今回13回目の渡ハ。子供も大学生になり最近はほとんど夫婦二人旅。4島はこれまでに上陸済みだが、少しずつ各島でやり残したことがあり、このクルーズですべてクリアできると思い参加を決めた。出発までにいろいろな方のブログを検索して読みあさり、大変参考になった。
今回体験談を起稿する機会を得たので、あまり出ていない情報を中心に書いた。これからの皆様の旅行計画の参考に少しでもなれば幸いです。


今回の旅テーマ

クルーズ船プライドオブアメリカ(POA)の旅を体験すること、羽田空港から初めてのハワイアン航空(HA)で行くこと、カウアイ島で貝を探すこと、ビッグアイランドキャンディーズ本店(BIC)でアイスを食べること、ドライブレコーダーで動画を撮ること、ATMで外貨をおろすこと、LINE Outで日本に電話を試すことなどが今回の旅のテーマとした。


旅の準備

仕事と休暇のタイミングがなかなか合わず、旅行を決めたのは3か月前。航空券付きのツアーもあったが、今回はHAに乗りたかったのでクルーズ単独のツアーをインターネットで探した。IACEトラベルさんは初めての利用だったが、メールでの問い合わせで好感触だったので即決めた。事前の質問にも丁寧に対応いただきかなり心配事が軽減された。飛行機はHAのホームページから直接予約した。
往路は若干座席が広いエクストラ・コンフォート、復路は申し込み画面で少し追加するとビジネスクラスという表示に二人で+7万円出してアップグレードした。座席もすぐ確保できるので、左側窓側を予約した。ANAの提携航空会社なのでANAのマイルが貯まると思い帰国後事後手続きをしたが、HAは対象外と連絡がきたのは誤算だった。ANAのマイラーとしてはちょっと残念であった。今回はカメラを新しくした。旅行を決めてから「ふるさと納税」を活用してキヤノンのEOS・M10のミラーレスを12月にゲットした。いろいろな撮影モードがあり、1000枚以上撮った。


0日目(土曜日)日本羽田空港

羽田空港までは京急川崎駅から15分で到着するのだが、出発が1時間遅れるとHAから当日にメールが届き家を出るのを1時間遅らせた。飛行機までバスで移動しての搭乗で、少しがっかり。エクストラ・コンフォートの優先搭乗のメリットがなった。

 

1日目(土曜)オアフ島ホノルル

1時間遅れで10:15にホノルル空港に6時間のフライトで到着。
入国審査には、昨年にはなかったニューマシーンと人の審査の2回あり入国に1時間15分もかかった。トランプ大統領の就任直後で心配したが特にハワイは関係なかった。船の停泊しているピアまではタクシーで移動した。メーターで25ドル+チップを払った。ピアに着いたら長蛇の列で船に乗り込むのに1時間を要した。昨年からスーツケースも含め飲み物を一切持ち込めなくなったのでクルーズは飛行機以上に不便と感じた。日本語専用カウンターがあるというブログもあったが、今回はなかった。手続きを済ませ13:30に乗船したが、まだ客室には入れないのでアロハカフェで遅いお昼を食べた。15:30から日本語による説明会があり参加した。大手旅行会社のツアーも3社あり全体で100名くらいいたと思う。我々と同じようなクルーズのみは40名くらい。その後、希望者のみの船内ツアーがあった。レストランでは入口で「ジャパニーズメニュープリーズ」と言った方が良いなど、いろいろ裏テクも教えてくれるので疲れていても参加したほうがよい。お菓子は船に持ち込めることも確認した。19:00にホノルル出港。WiFiルータを日本で借りていったが、港から少し離れたところでアンテナが立たなくなった。客室は窓のある海側にした。視界が遮られる場合があるということだったが、運よく眺めのよい部屋だった。船は高層階での地震のような緩やかな揺れで問題は無かった。

 

2日目(日曜)マウイ島カフルイ

朝食はアロハカフェ。フルーツ、ヨーグルト、牛乳もありお気に入りになった。外のデッキ席でも食べられるのでお勧め。水は客室の水も飲料出来るので、携帯の浄水器を持参したが不要だった。また、アロハカフェで水筒に水やジュースを入れてみんな外出時に持っていった。2日目はのんびりクルーズライフを過ごそうと思っていたので何も計画なし。午前中はシャトルバスでKマートとコストコに。一旦戻ってお昼を船で食べ、午後は歩いてホールフーズ、ロスドレスフォーレスに行った。TJMaxはロスより面白いものがあった。シャーベットで人気のタサカグリグリは日曜は閉店時間が早く、着いたらクローズ。翌日にリベンジした。

 

3日目(月曜)マウイ島カフルイ

この日も予定を入れない計画だったが、変更して路線バスでラハイナに行った。船からバスターミナルまで徒歩15分という案内だったが、実際は30分弱かかった。バスは1時間に1本なので乗り遅れるところだった。またバスは途中で降りる人が少ないので座れないと1時間のバスは結構厳しいかもしれない。運よく座れたが少し余裕をもってバス停に向かった方よい。ラハイナはブラブラしながら、2回目のマウイアウトレットモールにも行った。LINE Outのアプリで日本に通話してみた。固定電話には3分、携帯には1分無料で通話出来る。日本時間を確認して自宅に電話。めでたく話も出来て、そのあとSkypeでテレビ電話にもトライした。

 

4日目(火曜)ハワイ島ヒロ

ヒロではBICに行きたくて、ダラーレンタカーを日本で事前に予約。ダラーはマルチアイランドパックがあり、複数の島での連続利用が可能で料金も7日借りて保険フルスペックで3万円台。かなりお得で毎回ダラーを使っている。日本で事前に船からのシャトルバスを電話でオーダーした。BICは17年前に一度訪問しているが閉店間際でアイスクリームを食べられず、ずっと懸案事項だった。アラモアナではアイスを売ってないのでここに来ないと食べられない。さらにアップルパイがあり、即両方購入。すごい豪雨だったが、ヒロの街歩きもして船に戻った。早速アップルパイを食べようと開けたところ、焼けてなく生だった。中身を確認せずに買ったので大失敗。船には利用できる電子レンジやオーブンはなく、その後コーディネータのみどりさんに相談し大変お世話になった。

 

5日目(水曜)ハワイ島コナ

この日はテンダーボートでコナに上陸。特に目的地もなく街ブラ。空き地でドローンを飛ばしている人を見て持って来て飛ばせばよかったな。初めてのATMにトライ。これまでは長年トラベラーズチェックを使っていたが廃止になり海外旅行ではATMで外貨を降ろす必要が出てきた。ソニー銀行とスルガ銀行のVISA Debitで挑戦しドルを入手した。ATM利用手数料が$3ドルくらいかかり端末により手数料が違うことが判った。ソニー銀行は外貨普通預金からの換金なので、円高の時に貯金しておくと円安時にレートはお得。船にもATMがあったが日本語画面がなく、うまく引き出せなかった。

 

6日目(木曜)カウアイ島リフエ

カウアイ島では、貝探しに海辺に行くためレンタカーを借りた。船からリフエ空港のレンタカーまでシャトルバスを予約していたが、利用者が多くすんなり乗れなかった。次のシャトルに20分待った。レンタカーの手続きを済ませ鍵をもらい、エンジンをかけようとメーターをみたところ、ガソリンが満タンでなくカラに近いことが判明。レンタカーを借りるときに満タンでないのは初めて。島にはガソリンスタンドがあまりないので気づいてよかった。今回ドライブレコーダーを付けて走ってみた。帰国後観てみると、運転しているときは見えてなかった風景が面白い。レンタカーは2日間借りたかったので、夜に船の近くに駐車出来るか事前に質問した。無理との回答があり、1日島でホテルをとって船から外泊した。船の傍に無料で駐車出来るというブログもあったが最近は無理なよう。

 

7日目(金曜)カウアイ島リフエ

ホテルで1泊してレンタカーを返すために空港に戻った。船に戻るシャトルバスは、空港行きのシャトルバスの運転手にリクエストすると船まで回ってくれる。船に戻ると翌日の下船説明会が13:00から始まった。昨日は説明会の時間が未定だったが間に合って良かった。今回のクルーズ旅は無料のレストランをすべて制覇した。味も悪くなく、飽きることもなく、POAはお勧めのクルーズだ。

 

8日目(土曜)オアフ島ホノルル

下船は日本人はまとまってコーディネータが先導して降りた。自転車を持っている人もいて各島でサイクリングして過ごしたのだなと感心。ホテル行きやアラモアナ行きなどコーディネータがタクシー運転手に行先を依頼してくれた。我々は空港のダラーレンタカーに向かった。

 

後泊2日(土・日・月)オアフ島ホノルル

ホノルルも堪能したいため2泊Expediaで予約した。ワイケレや新しくなったアラモアナの白木屋、インターナショナルマーケットプレイスなどに行った。帰国はレンタカーで空港に戻り、HAのビジネスクラスで10時間のフライトで羽田空港に到着した。

 

今回やりたかったことがすべて実現したクルーズ旅。充実感があり次回も日数が確保できたらハワイはクルーズ旅が定番になりそうです。
YAMAZAKI Nobuya & Shoko 2017.1 Kawasaki JAPAN

 

PAGE TOP