グルメランキング
 
クルーズ旅行体験記
 
 

 コスタネオロマンチカ 金沢発着クルーズ5泊6日体験レポート(1)


■旅行期間 2017年4月28日~5月3日 ■旅行代金 \98,000(シングルルーム利用)


今回GW休暇を有意義に過ごそうと思い切ってクルーズ旅を申し込みました。
東京在住なので本来は横浜から乗船すべきところ、航路が気に入ったので金沢港から発着するコスタネオロマンチカで境港、釜山、博多、舞鶴と合計5都市を巡るルートです。
趣味のクロスバイクを持参し寄港地ではサイクリングによる観光にチャレンジ。
満足度の高い旅だったので、感謝の気持ちを込めて旅行体験をレポートに纏めさせていただきました。

 

旅行前

スーツケースは宅配サービスで客室まで送れるので、出発日当日はクロスバイクを輪行バックに詰めてパスポート片手に北陸新幹線で金沢へ。
JR金沢駅でクロスバイクを組み立ていざ金沢港へ(無料のシャトルバスも出ているようですが、私はあえて自転車で)サイクリングすること15分で港です。

▲あっという間に金沢の港へ 船が見えてきてテンションアップ!▲港に乗客用の駐車場が併設


パスポートの乗船券を見せて、クロスバイクでそのまま船の目の前へ。
ここで輪行バックにしまって船内に乗り込みました。 客室キーとなるクルーズカードは、チェックインカウンターではなく、自分の客室で受け取る流れになっているのでスムーズに乗船が出来ます。
またクレジットカード登録は、船内にある登録マシーンで①クルーズカード ②クレジットカードの順にスキャンして、最後にサインをすれば完了
1分で済みます。

クルーズの楽しみの1つは、なんといっても食事です。 昔地中海クルーズで乗った事のあるコスタクルーズ。 さて日本発着でのお味は如何に??



メインダイニングの入り口にサンプルが(蝋ではなく実物サンプル)これでテーブルに着く前にある程度決めておいてくれと言う事らしい。

正直な感想・・・コーヒーとデザート以外は、お世辞にも美味しいとは言えませんでした。
安いクルーズなので食材レベルはかなり抑えられているのでしょう。あの価格でグルメを期待する方が間違いであると素直に納得が出来ましたが、隣のテーブルでは不満を言っている方も。
これからの時代[安い物には訳がある]ことを受け入れないとダメですね。




メインダイニングがまずいコスタネオロマンチカでグルメを満喫する方法!

① スペシャリティダイニングを活用する  安いので。
[おすすめ1] ピザハウス 一人$7で食べ放題    但しクアトロ、ハーフ&ハーフは無いので一人1枚食べるのが精一杯のサイズ



[おすすめ2]ステーキハウス 一人$29

(左画像:左)ホタテのソテーとマッシュポテト
(左画像:右)ステーキ(これは美味しかった)

$7足すとロブスター
このサイズのロブスターが$7は買いです。

その他イタリアンレストラン 一人$29もあるようですが今回は行けませんでした。

ビュッフェ・・・画像はありませんが、品数が少なくビュッフェの醍醐味が無いことと、やはりあまりおいしくはありませんでした。 ビュッフェ利用プランもあるようですが、とにかく無料の食事には期待せず、安く乗船して船内の有料レストランで美味しい物を食べると言うのがベストだと思います。

そして何より寄港地は、美味しい海産物の宝庫! 船外でグルメを楽しむことがこのクルーズの最大のポイントになるでしょう。

 

 

 

PAGE TOP