グルメランキング
 
クルーズ旅行体験記
 
 

 香港発着ゲンティンクルーズライン/ドリームクルーズ「ワールドドリーム号」乗船記(2,018/01/12~01/14)


今回乗船したのは香港発着のプレミアム大型船「ワールドドリーム号」です。
今回は香港ホテルに1泊を入れ合計4日間で行ってきましたが、クルーズ自体は下記の様に週末3日間なので、日本からでも往路午前便/復路夕刻便であれば3日間でもクルーズ旅行が可能です。

【スケジュール】

1日目(金曜) 21時香港発
2日目(土曜)  終日航海日
3日目(日曜) 9時香港着

【乗船当日/港(カイタッククルーズターミナル)にて】

① 1Fでパスポートと乗船券を提示し荷物を預け、荷物預けカードを受け取ります。
② 2Fに上がりチェックイン(クルーズカード受取)→出国審査→乗船(乗船時に写真撮影)の流れでした。
※チェックインは機械またはカウンター(人)から選択出来ました。出国審査エリアに入るのに長蛇の列が出来、大型船の為90分程かかる場合もある。比較的すくのは一段落する19時頃と聞いていたので、その頃行きました。
※出国審査は空港と同様、自動化ゲート (e-Channel)もあり、日本のIC旅券であれば事前登録不要で通過可能でした。

  • クルーズカード(2Fでチェックインの際に受取)

  • 荷物預けカード(1Fで荷物預け時に受け取り)

  • 1F荷物預け

  • 2F機械でのチェックイン

  • 2Fチェックインカウンター

  • 2F出国審査場への待機列

  • 2Fスイート客優先乗船口

  • 2Fターミナル内

  • 看板があるので分かり易い

  • ドリームクルーズのレゴ模型


また、船内アプリ(英語)があり、使用してみると「これまでに船内でどの位使っているか」も確認できました。
事前に船内アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

【乗船初日/船内に入った後】

お部屋に船内新聞が届いていました。この船は日本人コーディネーターが乗船していないので英語版です。
またこの週末クルーズの船内新聞は3日分が全て記載されていました。

無料レストランは3か所ありますが、乗船日の夕食は非常に混むと聞きましたので、この日は奮発して有料レストランへ。有料レストランは「ステーキ」「海鮮」「火鍋」「寿司」「鉄板焼」「中華」と豊富にありますが「プライムステーキハウス」へ。ステーキとシーフードプレートを美味しく頂きました。

夕食後は「ゾアティックシアター」でショーを見て、船内を軽く散策してから寝ました。
ショーについては「プレミアム船」というだけあってレベルが高く楽しめました。

≪船内各所≫

  • 麻雀ルーム

  • 奥にカジノ(プレイ中は撮影禁止)

  • バー360

  • ドリームストア

  • バー360中央ステージでのライブ 

  • ズークビーチクラブ

  • メインプールデッキ


【乗船2日目/終日航海日】

この日は終日航海日です。昼間は1月にしては比較的暖かかったのでウォータースライダーを楽しみましたが、ジップラインは強風の為、中止されていました。
また午後からは、EscエクスペリエンスラボにてVR(バーチャルリアリティ)ゲームを楽しみました。

  • Escエクスペリエンスラボ(VRゲームコーナー)

この船の終日航海日の日中の楽しみ方は下記の様な感じでしょうか。
・カジノ(実はこの船はカジノで有名です。) ・VRゲーム ・麻雀 ・スパ 
・船内散策(珍しくこの船は操縦室が見れます。)・船内プログラム
・お部屋でくつろぐ ・昼間から酒を飲む etc…
またスポーツ系のアクティビティも下記の様に充実しているのでそちらでも。
・プール           ・ウォータースライダドパーク ・ジップライン ロープコース(これは怖い)
・ロッククライミングウォール ・バスケット、フットサル   ・卓球
・ジョグトラック       ・ミニゴルフ         ・ジム

  • クリスタルライフスパ

  • ブリッジビューイングルーム(操縦室)

  • 太極拳の船内プログラム(ズークビーチクラブ)

  • プール

  • ウォータースライドパーク全景

  • ウォータースライダー(入口が急傾斜)

  • ロッククライミングウォール

  • ジップライン ロープコース(デッキの端、海に落ちそうで怖い)

  • バスケット/フットサル等

  • 卓球

  • ジョグトラック

  • ミニゴルフ

  • ジム

  • プールサイドのジャグジー

【食事場所】

無料レストランは下記3つとなります。朝/昼/夕の各食事時間帯1回無料となります。都度クルーズカードに 登録され、2回目以降の利用は有料となります。軽食をと思い2回目の昼食を取ろうとしたら課金されてしまいました。
・ドリームダイニング(LOWER) 主にビュッフェ。中華中心だが一部アメリカンスタイル。
・ドリームダイニング(UPPER) 中華。テーブル式。大皿で出て取り分けるスタイル。
・リドレストラン ビュッフェスタイル。中華/洋食種類が豊富。

  • ドリームダイニング(LOWER)

  • ビュッフェの点心

  • リド・レストラン

  • ドリームダイニング(UPPER)の中華

この日の夕方はショーを見てから夕食へ。また夜小腹がすいたので、24時間軽食コーナーの「ブルーラグーン」にて名物の「巨大かき氷」食べてみました。

  • 24時間レストラン ブルーラグーン

  • 巨大バナナかき氷とその広告

【お部屋】

今回のお部屋はバルコニーデラックス。石鹸、シャンプー、スリッパ、歯ブラシ等アメニティは比較的揃っていました。またお部屋のテレビにてそれまでに使った会計も確認する事が出来ます。コンセントはBFタイプ・Oタイプ、電圧は220ボルトでした。変換プラグ、変圧器はついていないので持って行く必要があります。

またこの船はスイート客室があり、下記の様な特典があるとの事でした。
・スイート客室専用エリア内にスイート宿泊者専用のレストラン、バー、プール、スパ、ジム、カジノあり。
・5カ所のスペシャリティレストランで各晩お楽しみ頂けるセットメニュー
・スペシャリティレストランでのディナー時飲み放題
・船内全てのレストランで利用可能なプレミアムドリンクパッケージ
・クルーズ期間中ご利用可能なWiFiの標準パッケージ
・24時間バトラーサービス
・優先チェックイン、優先乗船、ショーなどの優先予約
まだ特典があったかもしれません。スイートの中では下の「パレススイート」と今回泊まったバルコニーデラックスでは、週末クルーズは2万円程度しか料金が変わらない様なので、次回行くときはスイートにしようと思いました。

【クルーズ3日目/下船】

前夜から精算可能でしたが、フロントへ行ったら精算待ちの列が出来ていました。下船当日の朝に再度行ってみたところ空いていましたので、その際に精算を行いました。
また前夜にスーツケースをパッキングして部屋の外へ出しておくと、港のターミナル1階まで運んでもらえるので楽に下船できました。預けない場合は入国審査もあり、結構な距離をスーツケースを引いて歩く事になるので、預けて良かったです。

  • 下船の様子

  • 下船時の船

  • 預け荷物受取エリア

■香港観光


今回は香港市内ホテルに1泊致しました。ホテル感想や市内の風景等を下記にご案内致します。

【ご宿泊ホテル】: ペンタホテル
朝食が美味しいデザイン系ホテルで、館内の看板もおしゃれでした。
立地は九龍北部で市内中心ではないですが、地下鉄ダイヤモンドヒル駅から徒歩圏内(10分弱)でしたので、 アクセスはまあまあといったところです。

  • ホテル入口

  • お部屋の中

  • お部屋からの眺め

  • ゲストルーム

  • おしゃれな館内の看板たち

【市内観光】市内は適当に散策致しました。写真と共に。

  • 香港名物の突き出た看板。法規制で新しいのが立てられない為今後は減る一方の様です。

  • 1881ヘリテージ

  • 黄大仙(観光客とお参りの人でごった返してました。)

  • 飲茶とスイカジュース

  • スターフェリー乗船前後(左:九龍側から、右:香港島側から)

  • セントラルのビル 地震がないからかビル乱立

  • 香港島 ワンチャイ(トラムと共に)

  • 香港島 ジョウワン

  • ジョウワンの壁絵

  • ジョウワンの看板

  • ハリウッドガーデン(ジョウワンエリア)

  • 香港のもう1つの港「オーシャンクルーズターミナル」にスタークルーズ「アクエリアス号」がいました。

  • オーシャンクルーズターミナル屋上からの夕陽が綺麗でした。

  • ペニンシュラホテル(夜景)

  • ビクトリアピーク(夜景)

  • 香港プロモナード(夜景)

  • シンフォニーオブライツ(光のショー)

                

【最後に】

今回はクルーズ+香港で4日間の短い期間でしたが楽しめました。
また何年か後に今度は「スイート客室」で乗船し、そのサービスを体感したい。
2-3日滞在日数も増やし、次回はマカオや中国(広州や深?)へも足を延ばそうと思いました。

 

オモチ様よりご寄稿

 

PAGE TOP