グルメランキング
 
クルーズ旅行体験記
 
 

楽園ハワイ過ごした夢の1週間

ハワイ一周クルーズ

2012/11/3~10に仲良しの女友達と私の2人でプライドオブアメリカというハワイ一周クルーズへ参加することを決めたのは9月後半でした。

長期休暇があうのもこれを最後に向こう3年間は目処がたっておらず、どうしてもハワイでしかもワイキキだけではなくてハワイ島やマウイ島の大自然も思い切り楽しみたい!と一致団結し、不安と期待半分半分で申し込みました。
インターネットで申し込んだその日に御社の担当者の柴田様からスケジュールや料金連絡、また空き室確認までして頂きました。

英語はこれっぽっちの友人と日常会話程度のみの私たちは、食事のことや現地で参加できるツアーのことなど質問が山ほどありましたが質問をする度に迅速、丁寧な対応をして頂き次第に不安が期待へと変わっていました。
そして出発前に送って頂いた持ち物チェックリストをもとに忘れ物がないように確認し、その日を待ちました。

いよいよ乗船

当日集合場所であるアロハタワー(港)へ向かうと、2人ともその船の大きさに開いた口が塞がりませんでした。
その突如現れた巨大マンションに(?)現地の方たちも思わずカメラを向けている姿がちらほら見受けられました。

19:00出港で、13:00から乗船開始でしたので15:00頃に港に到着しました。
まだそれほど混み合っておらずすんなりパスポートや手荷物チェックを済ませることができました。
私たちは荷物は預けず手荷物として持ち込みましたが、一人二個まで預けられ預けた荷物はその日の夜に部屋の前に運ばれるようでした。

チケット、パスポートや手荷物のチェックはまるで空港そのものでした。 乗船するとそこはまるで映画のワンシーンのような光景が・・。
船の上にプール、ジャグジー、スポーツジム、劇場、そしてバー。本当にありました(笑)客室は7階から12階までありエレベーターは10基ほど。
しかも全ての施設の想像以上の大きさにまた開いた口が塞がりませんでした。お昼をまだ食べてなかった私たちは部屋に荷物を置き、早速乗船の際に頂いた日本語の船内の地図やショーの案内を持ち食事が出来る場所を求めて探検に出かけることにしました。

船内探索+ランチ

探検を始めてすぐにアロハカフェと呼ばれるビュッフェスタイルのレストランを見つけそこでお昼を食べる事にしましたが、
ハンバーガーからパスタ、フルーツバーにサラダバー、さらにはデザートバーとその広さと種類の豊富さに2人とも目を合わせるばかりでした。

軽くランチを食べた後は日本人ゲストのための日本語による船内のレストランや毎日行われるショー、避難訓練などの説明会に参加しました。避難訓練は全て英語で行われますがその日本語説明会の直後にあるので、事前に避難場所も確認して頂き安心でした。
時差ぼけで疲労感はあったものの、見渡す限りの水平線に沈む夕日を眺めながら動き出す船に気分は高揚するばかりの
クルーズ初日でした。

マウイ島到着

翌日、目が覚めるとマウイ島に到着していました。その日は出発前からインターネットで予約しておいたモロキニ島での
シュノーケルツアーでした。
私は海が大好きでこのツアーを一番楽しみにしておりましたが、友人は海より山派で泳ぎに自信がなく不安な様子でした。

バスで30分ほど揺られ港へ。そこから中型の船に乗り換え、50分ほどでモロキニ島のシュノーケルポイントへ到着です。
もし船酔いが心配な人は酔い止めを飲むことをおすすめします。船はゆっくり進みますが、波が少し高いように感じました。私も船に強い方ではないので酔い止めを用意しておりましたが、
幸いにも出番はありませんでした。船長さんが教えてくれた豆知識ですが、乗り物酔いが心配な方はその日の朝食にパイナップルと牛乳は避けたほうがいいみたいです。
パイナップルを日常的に食べるハワイならではの豆知識だなぁと思いました。

シュノーケルツアー

シュノーケルポイントに到着すると無料で貸し出してくれるマスクとフィンをつけて水深五メートルほどの透き通る海に
ダイブです。ライフジャケットも無料で貸し出してくれるので、友人はしっかりとジャケットを付けていました。
海底を見ると珊瑚がびっしりで色とりどりの熱帯魚たちが鬼ごっこをしていました。右手に黄色、左手には赤色。
いくら居ても飽きず友人を放ったらかしにして(笑)夢中で魚たちを追いかけました。
1時間ほどすると一旦船にあがり海亀に会えるというポイントへ移動して別のポイントでまたシュノーケル再開です。

到着する前からちらほら亀さんが海面に顔を出しており待ちきれませんでしたが、海に入ってわずか3分ほどでその瞬間が訪れました。水中を飛ぶように目の前を舞う亀に息を飲みました。亀に触れてはいけませんが、両手を広げたほどの大きさの亀が手が届く距離にいるあの光景は二度と忘れることのできない素晴らしい体験でした。

友人は少し寒いということで一足先で船にあがりましたが、その後も二、三頭は確認できました。
こうしてモロキニ島シュノーケルツアーは期待通りの海や魚の美しさに大満足で終えました。
海の美しさに感動した私たちはマウイ島の2日目もビーチへ出かけ、パイナップルジュース片手にゆっくりとした一日を過ごし、海を大満喫したマウイ島でした。

ハワイ島ヒロ

次に到着したのはハワイ島のヒロという場所でした。ハワイ島は世界最大級の活動中の火山があることが有名な島ということで、虹の滝とハワイ火山国立公園ツアーというツアーに参加しました。バスで出発し、まず虹の滝と呼ばれる滝へ。バスに乗ってから滝に到着するまで運転手さんは、ジョークを交えて地元の学校や病院などを紹介してくれます。
全て英語ではありますが、トイレ休憩などで降りる際には時間や場所をゆっくりと話して教えてくれたりと何かと気を遣ってくれました。

案内してくれた滝のそばには何千年も前からの自然がそのまま残されており、ジャングルを紹介するテレビ番組でしか見た事のない木や花が楽しめます。
そしてその木や花の間から流れる大迫力の滝の前で記念写真を撮り、いよいよ火山国立公園へ。
山道を20分ほど登ると右も左も黒い溶岩になってきて、ハワイ島が火山の噴火によって出来たということを実感させられます。
到着してバスを降りると煙がもくもくと出るその壮大な火山の全貌を上から臨むことが出来ました。
様子国立公園への道中にも途中何カ所か撮影スポットに説明付きで停まってくれ、溶岩が流れ出てそのまま固まったのがよくわかる写真もたくさん残す事ができました。

ハワイ島ヒロからコナと呼ばれる街へ

ハワイ島では二カ所で停泊するようになっていましたので翌日もハワイ島でしたが、東側のヒロから西側のコナと呼ばれる街へ。
コナは世界的にもコナコーヒーで有名なことからコーヒー農園を訪れました。
コーヒー農園に到着する前に海亀の産卵場所に適した唯一の環境であるというビーチに案内してもらい、陸に今にも上がってきそうな海亀と一緒に写真を撮るという貴重な体験をすることが
できました。

そこから30分ほど山を登るとコーヒー農園に到着です。コーヒーの赤い実の状態から煎られて袋詰めにされる所までを説明してくれるツアー付きで、コーヒーのいい香りの中を試飲の
コーヒー片手に贅沢な時間を過ごす事ができました。
農園ではその農園で作ったオーガニックの豆をコーヒーが大好きな母へのお土産として購入しました。

カウアイ島

最後の2日はカウアイ島というハワイ州では最北端の島で過ごしました。1日目は山派の友人が最も楽しみにしていたワイメアキャニオンへ。
愉快なバスの運転手さんのガイドのお陰もあり、2時間程度の山道もあっという間です。
さすがハワイのグランドキャニオンの異名を持つワイメアキャニオン。覗き込むと吸い込まれそうな断崖絶壁に妙な心地よさ緊張感を楽しむ事ができます。
自然の大きさを実感できる素晴らしい景観に感動しました。

またこのツアーで感動したのはランチでした。大抵ランチ付きツアーのランチはサンドイッチやホットドッグとポテトチップのような組み合わせだったのですが、
このツアーのランチは現地のレストランへ通されてカルアピッグというハワイの豚肉や、地元で獲れたてのジューシーなパイナップルが楽しめました。
特に大胆にカットされたばかりの熟したパイナップルは長時間のドライブで少し疲れた体をすっきりさせてくれました。

カウアイ島に停泊したその日の夜は少し足を伸ばして徒歩で行ける地元のバーへ出かけました。お酒の種類には詳しくなかったので、店員さんに”Fruity cocktail please.”となんだかアバウトな注文をしてしまいましたが期待通りのトロピカルな味のカクテルを作って頂き今までの旅を振り返りながら満天の星空と波の音を聞きながら飲むカクテルにほろ酔い気分でにやけっぱなしの2人でした。

カヤックとジャングルの冒険ツアー

カウアイ島最終日は2人ともとても楽しみにしていたカヤックとジャングルの冒険ツアーへ出かけました。
友人はカヤックの経験がありましたが私は全くのど素人でしたので、実はカヤックから落ちてしまわないか少し不安でした。
停泊している場所からわずか5分程車で移動した場所に川があり、そこでオールを手渡され漕ぎ方などを説明してくれます。ライフジャケット、防水バックも貸してくれるのでその中にタオルやカメラなども収納できます。その説明を受けている間にカヤックの準備がされもういきなりカヤックに乗っちゃいます。
カヤックに乗る際に膝くらいまで完全に水に入るので、スポーツサンダルを履く事をお勧めします。
私たちはシュノーケルシューズという水中でも歩く事が可能なシューズでカヤックに臨みました。

このカヤックがクルーズ中に参加したツアーで一番心に残っています。
なぜかというと・・20名くらい参加者の方がいたのですが全く皆さんのスピードに着いていけず、しかも方向もコントロールできない状態で進行方向からかなりずれて行きました。
カヤックに乗ったガイドさんが横について、懸命に漕ぎ方を指導してくれるのですがどうも友人との息が合わず(笑)結局エンジン付きのボートでみんなの所まで引っ張ってくれることに。
恥ずかしいのやら嬉しいやらで苦笑い。ボートという裏技を使っていきなり皆さんのトップに躍り出たのはいいものの全くコツが掴めておらずいきなりコースアウト。後ろからきた上級者の方々に「右に漕ぐんだ、一緒に漕がなきゃ!」と、たくさんアドバイスをもらい、なんとかまっすぐ持ち直す事ができコントロールできるようになった頃、カヤックは終了でした。

同じツアーに参加した方々に「君たちもう飲んでるの?飲酒運転はダメだよ?」なんてからかわれながらも、無事転覆することなくゴールまでたどり着けたという達成感に満ち溢れていました。

ジャングル冒険スタート

ゴールといっても実際は川が少し窪んだところにカヤックを停めてそこからはジャングルの冒険のスタートです。
シュノーケルシューズからスニーカーに履き替えて自分の背丈の二倍ほどの草の中を進みます。
そしてほどなくするとガイドさんが全員を集めて、これから滝を2つ見に行きますが二手に分かれ自分でコースを選べますと説明を開始。
なにやら「サバイバルコース」と「一般コース」があり体力に自信のある方はサバイバルコースに挑戦できるとのこと。 サバイバルでは川の中、沼の中、容赦なく進み、途中でロープをつたって下に降りるという本格的なコース。

しかし一般コースも川や沼を超えて階段はあるものの舗装されているところは一切なしとのこと。山派の友人の目が輝きます。即決で「サバイバルコース」へ。
参加者はちょうど半分くらいに別れ右と左に別れてガイドに連れられて森の中へ進みます。ここで急いでシュノーケルシューズへ履き替えましたがこれはいい判断だったと思います。
スタートしてすぐ川、川から沼へ。そしてまた川へ。スニーカーを履いたままの方もいらっしゃいましたが、すごく歩きにくそうで重そうでした。
そこから道無き道を木の枝を手すりにさせてもらって進み、サバイバルコースの醍醐味、2本ロープがぶらんと垂れ下がっている小さい崖が・・・。ガイドさんのしっかりしたサポートはありますがいざ上に立つと背筋がシャキっとする光景です。
ロープを股にはさみ一歩一歩ガイドさんの指示通りに下り、友人も私も安全に地面に足を着くことが出来ました。
下に降りると、の前に大きな滝が豪快に迎えてくれます。
そこで一般コースの方と合流し滝付近で泳ぐもよし足を休めるもよしとしばし自由時間を楽しめます。
友人は泳ぎませんでしたが私はその透き通る水に我慢できずダイブしちゃいました。
最後の1日は私も友人も大満足のアドベンチャーで終えることが出来ました。

翌日は朝早くにホノルルに到着し午前中の間に下船しなければならなかったので最終日の夜に荷物をまとめました。
私たちは預ける荷物がなかったのですが、荷物を預ける方は最終日の夜にドアの前に荷物を出しておくと係の方が運んでくれ翌日下船の時に出してくれるという仕組みになっていました。

荷物を預けた方は下船する時間が決まっているようで、多くの方が番号札のようなものを持って下船口で待機しておりましたが荷物を預けなかった私たちはゆっくりと最後の朝食を船内レストランにて頂き、9時半頃下船し無事にホノルルへと帰って参りました。

少し長くなりましたがこうして私たちの初めてのクルーズ、初めてのハワイ諸島の旅を終えました。
大自然の海、山の大きさを肌で体感できる素晴らしい経験でした。IACEトラベルの皆様には心から感謝しております。
帰って来て間もないですが次回のクルーズはどこにするかを話し合っている次第です。


また近い内にお世話になれることを願っております。本当にありがとうございました。

匿名希望