グルメランキング
 
クルーズ旅行体験記
 
 

ノルウェイジャン・ジェイド号 東地中海クルーズ10泊11日

ノルウェイジャンジェイドについて

受付前ロビー
受付前ロビー

私は、この度ノルウェイジャンクルーズラインの『ノルウェイジャンジェイド』という船で、ローマのチビタベッキア港から一人でクルーズ旅行に参加しました。
今回はそれまでに2週間ほどスペインなどを周っており、クルーズの日程に合わせてローマへ飛びました。
今回クルーズ旅行をしたのは初めてなのですが、クルーズを選んだ理由は、オフシーズンで安かったこと。
そして、冬だったので、寒い中電車で移動したり、自分でホテルを取ったりすることを考えると、ヨーロッパはホテルもいい値段がするので、それと比較して、クルーズを選びました。クルーズは、動くホテルと言われているように、何もせずに乗っているだけで目的地に連れて行ってくれます。
レストランもあれば、バーもあり、エンターテインメントも充実して、1日船上で過ごす日があっても、全く苦にならなかったのです。せっかくなので、オーシャンビューの部屋をお願いし、クルーズを楽しみました。
ノルウェイジャンジェイドは比較的カジュアルなクルーズ船のようで、気取らずに一人でも存分に楽しめました。しかし、やはりクルーズという旅行形態だけあって、参加者の95%はカップルやご夫婦です。一人参加は、約2000名の乗客に対して数名のみでしたので、やはりクルーズに参加する時は、誰かと一緒に参加するほうが良いと思います。
次に、乗客の年齢層ですが、やはり50-70歳くらいの西欧系のご夫婦が多いです。その他、若いカップルや、たまに親子といった感じです。私が乗船した船には、日本人がいなかったのか、全行程で一度も日本人に会いませんでした。
このクルーズでは日本語の案内はありませんし、日本語表記もありませんでしたが、公用語は英語ですので、英語ができれば全く問題ありません。

シアター
シアター

ノルウェイジャンクルーズのメリット

ノルウェイジャンジェイドは、オールインクルーシブで、全て込みのクルーズです。
予めクルーズ料金に基本的なご飯代、ショーなどを観覧できる代金が含まれています。
但し、チップは含まれていないので、最終日に$12/日×日数分が請求されます。
また、船の中では、追加料金を支払って利用できるバーや、レストランなども多数あり、毎日色々なご飯が楽しめます。
唯一不便に感じたのは、インターネット接続の料金が大変高く、PCやスマートホンを持っていても、接続した場合には、1分$1くらいかかったように思います。
それ以外は、ホテルと移動料金が一緒になって、色々な都市を訪れることができると考えれば、かなりお得だと思います。




タオルでできた動物
タオルでできた動物

思い出に残っていること

やはり初めてのクルーズでは、全てに驚きです。 まずは、あの金額でこれほどのラグジュアリーを体験することができること、その次に色々な人との出会いがあること、そして何よりも毎日非日常的な毎日で、日本の生活なんて完全に忘れて楽しめることです。
小さなことですが、一番印象に残っているのは、毎朝晩キャビンを綺麗にしてくださるのですが、夜キャビンに戻るとタオルで作られた動物たちが毎晩出迎えてくれます。
一人参加の私には、それがとても嬉しく、キャビンに戻った瞬間笑顔になりました。
また、一人参加ならではですが、色々な人が声をかけてくれ、親しくなった人たちと一緒に観光をしたり、船内での食事を楽しんだりと、一人でも色々な体験ができました。
私の場合は、キャビンを掃除してくれるスタッフの方と仲良くなり、その方が色々な情報を提供してくれたり、立ち話でたくさん仕事のことなどを話してくれたのが思い出に残っています。ノルウェイジャンジェイドに関しては、アメリカの国籍の船で、船内で働く人はフィリピン人がとても多いです。

今後参加される方へのアドバイス

クルーズ乗船してから一つだけ後悔したことがあります。
それは、クルーズではいくつもの都市へ寄港していきますが、それぞれの場所や寄港地についての情報を収集していかなかったことです。
ノルウェイジャンクルーズに関しては、船会社運営による寄港地ツアーが用意されていて、ツアーに参加際に寄港地で万が一のことがあった場合(交通渋滞による渋滞に巻き込まれるなど)船は待っていてくれますが、個人的に観光した場合、出発時刻に間に合わなければ、船は待つことなく出発してしまいます。
また、船会社運営によるツアー参加の場合、船を降りたところにツアーバスが待機してくれているので、ドアtoドアで観光ができ、少々遅れるようなことがあっても、船が待ってくれるというのが安心できるところだと思いました。
ただし、少しでも安く観光されたい場合には、港から市街地まで自分で移動しなければなりません。
船でもらえる寄港地周辺の地図や情報はもらえますが内容にかなり限りがあるので、個人で観光をしようと考えている場合には、事前に情報収集したほうがいいと思いました。
前述のように、船内でのインターネット利用はとても高いです。従って、出発する前にたくさんの情報を収集することをお勧めします。
私は、全く情報を収集していかなかったので、ほとんど行き当たりばったりで、他の人についていった感じでしたが、寄港地によっては公共の交通機関がない都市もあります。
私の場合は、運よく船内で何人かの友達ができたので、公共の交通機関がなかった時は、その方に便乗して、みんなでタクシーをハイヤーし割り勘しました。
それでも、ツアー参加よりはかなり安く済みました。

ノルウェイジャンジェイドはご飯も美味しく、船も綺麗で本当にいい経験ができました!

三重県在住 Y.M(女性)より