Iace Travel cruise logo

海外クルーズ > 寄港地情報-バルト海・ノルウェー-

寄港地情報-バルト海・ノルウェー- | クルーズ・航空券・ツアーのIACEトラベル

飛行機が飛んでいないところまで運行する位、世界中のあらゆる町にクルーズが出来る時代になりました。 せっかくの訪問は事前に都市情報を把握しておくだけでより楽しめることでしょう。

寄港地情報-バルト海・ノルウェー-

スウェーデン

スウェーデン
北ヨーロッパのスカンジナビア半島にあるスウェーデン王国は、西にノルウェー、北東にフィンランド、南西にデンマークがある。国内には、ユネスコ世界遺産リストに登録された文化遺産が11件、自然遺産が1件、複合遺産が1件ある。スウェーデンの首都、ストックホルムは、水の都、北欧のベネチアなどと呼ばれる。ノーベル賞受賞式が行われるストックホルムでは、多くの博物館、美術館がある。見所は中世のような旧市街ガムラスタンにある王宮や世界最古の野外博物館、国立美術館などです。
ストックホルム
湖とバルト海に囲まれた14の島々が橋で結ばれた”水に浮かぶ都市”ストックホルム。港から市内中心部までは車で約10分と近距離。旧市街地ガムラスタンは中世の面影が残り、魔女の宅急便の舞台のモデルとも言われ、是非訪れておきたい観光名所。
ヴィスビュー
12~14世紀の間ハンザ同盟の重要な中心地の一つ。今でもその面影が残り、「ハンザ同盟都市ヴィスビュー」としてユネスコ世界遺産に登録。効率よく遺跡の数々を巡るには寄港地観光ツアーがおすすめです。
イエテボリ
スウェーデン第2の都市。港街で重要な貿易港として発展。コンパクトな街で、港から市内中心部へも近距離。新鮮な海産物が並ぶフィッシュ・マーケット・ホール散策や、運河ボートクルーズなどが観光として人気です。

デンマーク

デンマーク
デンマークは、バトル海と北海に挟まれたユトランド半島と周辺の島々からなる北欧諸国のひとつである。デンマークには、有史以前から人が住んでいたと言われる。首都コペンハーゲンは、シェラン島の東海岸にあり、デンマーク最大の都市である。町の中心には、童話作家のアンデルセンのブロンズ像がある。見所は、チボリ公園、アメリエンボー宮殿、国立美術館などです。
コペンハーゲン
デンマークの首都であり、ヨーロッパ最大級の都市。チボリ公園や人魚姫の像が有名で外せない観光スポット。港から市内の見どころは徒歩圏内でまわれ、世界の三大がっかりと言われている人魚姫の像へは徒歩圏内。長い歴史を誇る都市だけあり、古い街並みも見どころのひとつです。

フィンランド

フィンランド
北ヨーロッパにある北欧諸国の一国・フィンランドは、北側をノルウェー、西側をスウェーデンと国境を接する。国内には、ユネスコ世界遺産に登録された文化遺産が5件ある。フィンランド南部に位置し、ヘルシンキ湾に面している首都・ヘルシンキは、フィンランド語とスウェーデン語を併用し、16世紀に交易によって開拓された港街である。島全体が要塞として利用されたスオメンリンナ島はユネスコ世界遺産に登録されています。
ヘルシンキ
フィンランドの首都。スウェーデン支配時代&ロシア支配時代により、それぞれの建築様式が混在し、独特の雰囲気を感じることができます。古都ポルヴォーへの観光や、世界遺産に登録されているスオメンリンナの要塞への観光は、ツアー参加がおすすめです。

ノルウェー

ノルウェー
北ヨーロッパのスカンジナビア半島の西岸に位置し、スウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接する。国土は南北に延び、海岸線には多くのフィヨルドが存在する。ユネスコ世界遺産リストに登録された文化遺産が6件、自然遺産が1件ある。
オスロ
ノルウェーの首都。スカンジナビアでは小さな首都ですが、もっとも古い都市。ヴァイキング船を展示したヴァイキング船博物館や、世界的に有名なムンクの「叫び」が展示された国立美術館が見どころ。港はダウンタウンに位置し、中央駅までは約2kmと非常に近い。
スタヴァンゲル-フィヨルド
北海沿岸に位置し、北海油田の中心地として発展。現在も石油の街として知られ石油博物館がある。他にも、魚の缶詰工業が盛んで世界にひとつの缶詰博物館がある。旧市街地が特に観光地として人気があり散策がおすすめです。フィヨルドクルージングの街として人気。
フラム-ソグネフィヨルド
ノルウェー最大のフィヨルドであるソグネ・フィヨルドの分岐のひとつであるアウルランドフィヨルドの最も奥部にある都市。鉄道路線フロム線は急勾配の山間部を走り、美しい自然を望むことができ、多くの観光客が訪れます。
ゲイランゲル-フィヨルド
世界遺産登録のゲイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルドで知られるゲイランゲルフィヨルドの最深部にあるゲイランゲル。写真で目にしたことのある美しいフィヨルドの風景の多くはこの付近で撮影されたものです。
オーレスン
1904年の大火事からの復興により、当時最先端であったユーゲント・シュティール建築(アール・ヌーヴォー)の建物に建て替えられ、その美しい街並みがオーレスンの最大の見どころ。オースレンの街並みと海が見渡せるアクスラ山展望台が人気。展望台公園までは港から徒歩約20分。(足の悪い方の登山は無理があります。)
トロンハイム
ノルウェー王国最初の首都であり、現在はノルウェー第3の都市。中世から巡礼がおこなわれているニーダロス大聖堂を始め、歴史的遺産が残されています。
ベルゲン
ヨーロッパでも最大規模のクルーズ船寄港地であり、ノルウェー第2の都市。ハンザ同盟都市として知られ、カラフルな木造倉庫が並ぶブリッゲンは世界遺産に登録されています。港から中心部へは徒歩圏内ですが、世界遺産観光はツアー参加がおすすめです。
◆お勧め寄港地観光
①世界遺産ブリッゲン ②フロイエン山とケーブルカー ③ハンザ博物館
トロムソ
ノルウェー北部にある北極圏最大の都市。白夜やオーロラなどの北極圏特有の自然現象が体験できる街として人気。ノルウェー本土と長さ1キロほどの橋で結ばれたトロムセ島と周辺の島から成る。
◆お勧め寄港地観光
①北極教会 ②ストールシュタイネン山 ③トロムソ大聖堂
ホニングスヴォーグ
ノルウェー最北端都市。北極圏に位置し、ヨーロッパ最北端の岬、ノールカップを訪れる拠点の町。村そのものは小さいので徒歩での散策が可能。

ロシア

ロシア
ヨーロッパとアジアにまたがるロシア連邦は、世界最大の面積をもつ。首都はモスクワで、国内には世界遺産に登録された文化遺産が12件、自然遺産が7件ある。ロシア連邦の西端に位置しバルト海の一番奥にあるのがロシア第2の湾岸都市、サンクトペテルブルク。ネバ川河口デルタに発展した、交通の要になっている都市。ルネッサンス、ゴシックなど時代を反映した建築が多く残されている。エルタミージュ国立美術館が有名。300万点に及ぶ作品が展示されています。
サンクトペテルベルク
ロシア西端、バルト海フィンランド湾の最東端に位置するロシア第2の都市。バロック様式とロシア文化が融合した建築物は、サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群として世界遺産に登録。ロシアは寄港地観光ツアーに参加すると事前ビザ取得が不要の為、ツアー参加が絶対におすすめです。

エストニア

タリン
バルト三国の中で最も北に位置するエストニアの首都。バルト海で最も古く、ドイツ風の街並が美しい都市。旧市街に残る歴史ある建造物は、タリン歴史地区として世界遺産に登録。世界遺産を効率よくまわるにはツアー参加がおすすめです。

ドイツ

キール
ドイツ北部のバルト海に面し、キール運河の東端に位置する都市。バルト海と北海を結ぶ運河の起点に位置し北欧への玄関口となっています。6月には世界最大のセーリングイベント、キール・ウィークが開かれることでも知られています。
ハンブルグ
ベルリンに次いで、ドイツで2番目に大きな都市。キリンやゾウ、サルやトラなどの動物が広々として、自然のままの環境で飼育されているハーゲンベック動物園は必見です。
ロストック
ロストック は、ドイツ連邦共和国北部、メクレンブルク=フォアポンメルン州の都市である。バルト海に面する港湾都市で、中世のハンザ同盟の中心都市、また旧東ドイツ最大の港湾都市であった。

ラトビア

リガ
バルト三国の一つ、ラトビア共和国の首都。「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町。旧市街はアールヌーボー調の建築の宝庫として「リガ歴史地区」として世界遺産にも登録。世界最古のパイプオルガンがあるリガ大聖堂も見どころのひとつです。

ポーランド

グダニスク
バルト海のグダニスク湾に面したポーランドの主要な港湾都市のひとつ。静かな港町で、港に停泊している軍艦と白い帆船は実は博物館。グダニスクはポーランドで最も美しい街のひとつと言われ、多くの観光客が訪れます。
飛行機が飛んでいないところまで運行する位、世界中のあらゆる町にクルーズが出来る時代になりました。 せっかくの訪問は事前に都市情報を把握しておくだけでより楽しめることでしょう。