Iace Travel cruise logo

海外クルーズ > 寄港地情報-ハワイ・ミクロネシア-

寄港地情報-ハワイ・ミクロネシア- | クルーズ・航空券・ツアーのIACEトラベル

飛行機が飛んでいないところまで運行する位、世界中のあらゆる町にクルーズが出来る時代になりました。 せっかくの訪問は事前に都市情報を把握しておくだけでより楽しめることでしょう。

寄港地情報-ハワイ・ミクロネシア-

ハワイ

オアフ島
世界有数のリゾート地、ハワイの中心として発展したオアフ島。州都ホノルルは、ハワイ経済、政治の中心。オアフ島のリゾート発展の起源は、美しい自然と過ごしやすい気候に魅了された王族達が、この地に次々と別荘を立てたことがきっかけだといわれている。今では、有名ブランドがそろったショッピング、恵まれた大自然、山と海、スポーツ、くつろげる数々の最高級のホテルと、人々を受け入れている。
ハワイ島-ヒロ
BigIslandの名称を持つ、ハワイ島の北東部に位置する都市。日系移民によって開発された都市で、ハワイを発見したキャプテンクックの碑がある。ヒロの近くには、ハワイトロピカル植物園がある。島中央にマウナケア山とマウナロア山の4000M級の火山と、南東部に広がり現在も溶岩を噴き出し続けるキラウエア火山がある。マウナケア山は、常夏の島でありながら冬場には積雪も見られる。
ハワイ島-コナ
ハワイ諸島の中で、もっとも新しく「ビッグアイランド」の名称のとおり、ハワイ諸島の中で一番大きい島。島の中央には、ハワイ一高いマウナケアと、噴火し続けるキラウエア火山のあるマウナロアという4000m級の山々が並んでいる。この二つの山の東側は、熱帯樹林地域、植物園や、ハワイ島一大きい都市ヒロがあり、東南部は火山地帯。吹き出た溶岩が、ゆっくりと山肌を下りそのまま海に流れる場所もある。西側は、晴天が多く海も穏やかなリゾート地。人口第二の街コナがある。透き通る海とさんご礁は有名で、マリンスポーツ、ダイビング、スノーケルなどが楽しめる。北側は、高原地帯となっており、個人所有としてはアメリカ一大きいパーカーランチがある。コナは、ハワイ島の西側に位置する街。ハワイ諸島を始めて統一したカメハメハ大王の銅像がある。どこまでも透き通ったきれいな海とさんご礁で知られ、ダイビング、シュノーケル、フィッシングなどが楽しめる。
カウアイ島-ナウィリウィリ
ハワイ8島の中で一番古い島。またハワイ諸島の中で、もっとも早くポリネシア人が住み着いた島として知られている。カウアイ島は、数百年前の火山活動で誕生し、島の中央にそびえるワイアレアレとカワイキニのふたつの山もこの火山活動で誕生した。ワイアレアレの山頂付近はいつも雨雲におおわれ、その風雨が長い歳月のうちに、溶岩の大地に深い峡谷を刻み、熱帯雨林を育み、ナ・パリ・コーストやワイメア渓谷に代表されるカウアイ島の起伏に富んだ美しい自然を作り上げた。この自然美が「ガーデン・アイランド」というニックネームで呼ばれる所以。
マウイ島-カフルイ
18世紀にハワイ諸島を統一したカメハメハ王朝の時代に拠点とした島。ラハイナ、カアナパリ、ワイレアといった世界有数のリゾートがある。現在マウイ島を訪れる観光客は年間200万人を数え、オアフ島に次いで観光客に人気の高い島となっている。マウイ島観光の一番の人気は、ラハイナから出発するホエール・ウォッチング。このエリアには、クジラが出産のために集まってくる。かつてラハイナ港は、このクジラを目当てにした捕鯨船が集結し、今でもその名残を島のあちらこちらで見ることができる。マウイ島のニックネームは「渓谷の島」。ハレアカラ山を中心とした広大な国立公園と、イアオ渓谷、白い砂浜の海岸やオヘオの池などの自然と古代植物を見ることができるハナなど、ダイナミックな自然美を堪能することができる。
マウイ島-ラハイナ
マジックアイランドの異名を持つ、ハワイ諸島で2番目に大きな島マウイ島の港町”ラハイナ”へ寄港
ラナイ島
最高峰はラナイハレ山を有するハワイ諸島の中心部に位置する火山島、愛称はパイナップル・アイランドの”ラナイ島”へ寄港
ナパリコースト
カウアイ島の誕生から長い時間の中で起こってきた隆起や風雨の浸食により作りだされた全長25km・標高差約1,000mもある断崖絶壁の海岸線ナ・パリ・コーストクルージングをお楽しみ下さい

仏領ポリネシア

タヒチ
タヒチとその島々は南太平洋に広がる118の島々から構成されており、類希な自然の美しさと、そこに住む人々の温かさ、ゆったりと流れる時間など、世界中から究極のバカンスを求める人々が集まってくる常夏の楽園。どこまでも広がり抜けるような青空。緑濃くそびえ立つ印象的な山々。クリスタルのように透き通ったブルーラグーン。香り高い南国の花々。あかね色にもえる落日。紫色に染まるラグーンと山。満天の星。ポリネシアの顔と言われるのがタヒチ島。
ボラボラ島
タヒチから北西240キロの位置にあるボルボラ島。エメラルドグリーンに輝くラグーンの中に浮かんでいる。
モーレア島
タヒチ島の北西18キロのところに位置する。1000mを越す山もあり、夕日に映えるそのシルエットは、画家ゴーギャンが古城のようだと評したほど。
タハア島
バニラアイランドの異名を持つ、バニラの産地として名高いタハア島
タヒチ島-イティ
大小2つの島が繋がった瓢箪型のタヒチ島の小さい方の島イティ
アロフィ
フランス海外領ウォリス・フツナの島ニウエの首都アロフィ
アチュオナ
フランス領ポリネシア ヒバ・オア島にあるアチュオナ
ライアテア島
歴史と自然を色濃く残す神秘的な島でポリネシアの宗教信仰の対象となった神殿が今でも多く残るライアテア島
ティプタ
南半球最大級のラグーンの玄関口ティプタ

ソシエテ諸島

フアヒネ島
フアヒネ島は、生い茂る樹木、手付かずの景観、昔ながらの村が残り原地住民の生活を体験できる、タヒチの最高の穴場です。深く透明度の高いラグーンがフアヒネ島を構成する2つの島を囲んでおり、壮大な入り江と白い砂浜が滞在をさらにドラマチックなものにしてくれます。現代社会の影響をあまり受けていないこのフアヒネ島では、古代ポリネシアのゆったり静かな時の流れを味わえるでしょう。島全体で小さな村が8つしかないこの島では、数少ない島民が旅行者を温かく迎えてくれます。この島の肥沃な土壌が、地元農家にバニラ、メロン、バナナなどの豊かな収穫を与えてくれるのも納得できます。

ツアモツ諸島

ファカラバ島
フランス領ポリネシアで2番目に大きな環礁を持つファカラバ島。そのラグーンの周りには、見逃してしまいそうなほど小さくてかわいらしい島々が点在しています。この島の魅力はなんといっても人々を惹きつけてやまないラグーンの美しさ。どこまでも透き通った水、そして岸に近い浅瀬を優雅に泳ぐ魚達。この地では、すべてのものが自然なままの姿を残しています。ブーゲンビリアの花が咲き乱れる道、まぶしく輝くサンゴの教会、そして古くて趣のある民家など、ユネスコの生物圏保護区にも指定されているこの島の小さな村々の暮らしを眺めていると、まるでそのすべてが抜群の透明度を誇る海の上に浮いているかのようにさえ感じられます。
ランギロア島
177キロメートルを超えて連なる240の島々が深いラグーンを囲み、世界屈指のダイビングスポットにもなっているランギロア島は、まさに想像を絶する幻想的な場所です。この島の環礁は世界で2番目の大きさがあり、陸地と海が見事なコントラストを生み出しています。美しい円を描く島々の周りには、ラグーンを形成している内海のモアナテア(穏やかな海)と、運が良ければクジラやマンタ、イルカ、サメなどに出会える外海のモアナウリ(荒々しい海)があります。陸地に目を向けると、島の中心地であるアバトル村とティプタ村では、南太平洋の独自の暮らしが営まれています。島の道を歩いていると、サンゴの教会やクラフトセンター、地元のレストランやパン屋、さらには島民の経営する小さな商店が目に入ります。ワイン好きの人なら、ワインの試飲ができるドミニク・オロワ・エステートもおすすめ。ここはヤシの林の中にあり、3種類の葡萄を栽培しているほか、ラグーンの上で黒真珠の養殖も行っています。

米領サモア

パゴパゴ
トゥトゥイラ島に位置するアメリカ領サモアの首都パゴパゴ。船が頻繁に発着する美しい港があり、青々とした森や山に囲まれたパゴパゴの街には、小さな村や人気のビーチがあります。また、この街の大部分がアメリカ領サモア国立公園(National Park of American Samoa)となっています。パゴパゴとその周辺には、アウトドアの小旅行からショッピングやダイニングまで、たくさんの楽しみ方があります。

キリバス共和国

クリスマス島
キャプテンクックが1777年クリスマスイブに上陸したキリバス共和国東端、赤道直下の島クリスマス島。クリスマス島を訪れる観光客は主にフィッシャーマンかダイバーです。釣りはフライもしくはルアーフィッシングで、ボーンフィッシュやロウニンアジなどが楽しめるマニア垂涎の島です。また、ダイビングではマンタ、イルカは「常連」でバラクーダにカスミアジ、カツオにキハダマグロの群れも出ます。熱帯魚も豊富で、色とりどりのサンゴ礁の海に泳ぐ幻想的な風景も見ることが出来ます。
タブアエラン島
ハワイ諸島からおよそ900マイルの距離に位置するタブアエラン島、標高は3メートル。

クック諸島

アイツタキ島
アイツタキ島は、緑濃いラロトンガ島とは対照的にブルーとホワイトの明るいイメージの島。太陽が降り注ぐと、ラグーンはまるで宝石のように輝きはじめる。青い光の中で過ごす爽快なバカンスを是非味わって下さい。それは世界中のあらゆるビーチを訪れたことのある人をもうならせる、究極のラグーンです。
ラロトンガ島
ラロトンガ島は、南太平洋の特徴と素晴らしさを凝縮したような島。コンパクトな島なのに、様々なアクティビティーと美しい景色、抜群のビーチ、ポリネシアの文化がバランス良く存在している。物価も比較的安く、日本からの距離の遠さばかりが強調される南太平洋で、以外に身近な存在と言えます。

サモア

アピア
南太平洋の常夏の島国サモア。日付変更線のすぐ西側にあるので、地球で最も早く日が昇る国の1つです。サモアは東のアメリカ領サモア、西のサモア独立国に分割されていますが、住んでいる民族は変わりません。このアピアには、日本ではまだ知られていない魅力的な観光スポットが沢山あります。美しいビーチや絶景、そしてダイビングスポットやミュージアムなどお楽しみいただけます。

ソロモン諸島

ガタルカナル島
ソロモン諸島最大の島であり火山島でもあるガダルカナル島
ギゾ島
ギゾ島はソロモン諸島西部州にある島。州都のギゾがある。地元の悪名高い首狩り人にちなんで島名が付けられた。ニュージョージア島とコロンバンガラ島の西に位置する。

トンガ

ヴァヴァウ島
ババウ島はトンガの北の玄関として栄えており、中心地であるネイアフの港は「PortofRefuge」の名で世界的に有名で、ヨットマンの憧れの地となっている。また、ババウ島の豊かなサンゴが生息する海は非常に美しく、多くのダイバーを魅了している。
ヌクアロファ
南太平洋に浮かぶ、およそ170の島々で構成されるトンガ王国。その首都ヌクアロファは、トンガで最大の島トンガタプ島にあります。最大の島といっても、大きさは日本の徳之島くらい、首都といっても人口は2万人を超える程度しかありません。人気の観光はディープ・ブルー・ダイビング、トンガ自由教会、古代トンガ等。

ニューカレドニア

イルデパン島
南太平洋の宝石箱とたとえられるイル・デ・パンは、あらゆる旅人を魅惑する島です。言葉では表現しつくせない海の美しさ、南洋杉が立ち並ぶ静寂感、住民の温かい挨拶が旅人の心を和ませます。今でも漁に使用される帆掛け舟(ピローグ)に乗ってみてはいかがですか。海を見つめて我を忘れている間、爽やかな風が優しくあなたの頬を撫でてくれます。
ウベア島
ウベア島は、ただひたすら青い海をみるために行く島。ただし、青いといってもいろんな青があります。深い青、澄んだ青、エメラルド色に近い青、・・・どんなフォトグラファーの写真でも、どんな詩人の言葉でも、この美しさをありのままに伝えることは至難の業。そのくらいに不思議な表情をみせる青い海なのです。
マレ島
「美しいサンゴ礁に囲まれた素朴で緑豊かな島」というイメージが、マレ島には字義通りあてはまるところです。この島の浜辺を散歩していて、どこからか漁師たちの歌声が聞こえてくることもあります。
リフー島
リフー島はロワイヨテ諸島でもっとも大きな島です。この島を訪れる人はだれでも、自然のダイナミックな造形の素晴らしさに胸うたれるに違いありません。人気のない純白のビーチ、そそり立つ絶壁、カラフルなソフトコーラルが怪しく揺れる海中世界。藁葺き屋根の家々が島のそこかしこに残り、素朴さを保った楽園です。
ヌーメア
ニューカレドニアの首都ヌーメアは海沿いの街です。街にはいくつもの入り江があり、たくさんのビーチや素晴らしいビューポイントが集まっています。そんな美しい自然環境に囲まれる一方で、ヌメアの街は文化的にもとても魅力的。訪れた旅行者の心をとらえて離しません。

バヌアツ

エスピリトゥサント島
エスピリトゥサント島はバヌアツの島であり、ニューヘブリディーズ諸島最大の島でもある[1]。島の名前はスペイン語の聖霊からきている。火山活動によって形成された島であり、島の最高所はタブウェマサナ山の標高1,879mである。
シャンパンベイ
コバルトブルーの透きとおる海、真っ白な砂浜で人気のシャンパンベイ
ポートヴィラ
1980年の独立以前は「ニューヘブリデス」と呼ばれていたバヌアツ共和国は、南太平洋に浮かぶ、南北約1,200キロに広がる83の島々から成る群島国家です。国土の大半は手付かずの自然に覆われ、その恵みの中、昔ながらの自給自足の生活が守られています。エファテ島西南のヴィラ湾に面した首都ポートヴィラは、英仏両国の統治時代のヨーロッパスタイルのショップやレストランが多く見られ、最近はマリンスポーツも充実しています。おもな見どころはシークレットガーデン、メレの滝、マリンスポーツ、伝統的な村、国立博物館があります。
ミステリー島
南太平洋西部、オーストラリア大陸の東方にある72の島群から成るバヌアツ共和国。そのうち人が住む最南端の島、アナトム島の南1.5kmの位置にポツンと浮かぶ小島がミステリー・アイランドです。その面積は1平方キロメートルもない無人島ですが、マリンスポーツを楽しむ観光客が訪れます。
ルーガンビル
エスピリトゥサント島南部のルーガンビル海峡に面する港湾都市で、バヌアツ第二の都市ルーガンビル
ワラ島
バヌアツ共和国の島”ワラ

ニューギニア

ポートモレスビー
パプアニューギニアの首都、そして空の玄関口でもあるポートモレスビーは、英国軍人のジョン・モレスビー海軍提督の名前をとってつけられました。ポートモレスビーの見どころは、パプアニューギニアに太古から伝わる精霊信仰の社「精霊の家」をかたどった国会議事堂、この国に生息する動植物を観賞するなら空港近くのアドベンチャーパークまたはポートモレスビー大学に隣接する動植物園がおススメで、様々な蘭の花やゴクラクチョウ、キノボリカンガルー等の動物を見ることができます。近代化のすすむポートモレスビーですが海岸沿いを走れば、この地域の先住民である、モツ族の水上部落も車窓から眺めることができます。
ラバウル
ラバウルは首都ポートモレスビーから飛行機で1時間20分余り、ニューギニア島の北、ニューブリテン島の北端に位置する活火山の町です。この活火山は1994年に大噴火を起こしラバウルの町は大半が火山灰に埋もれてしまい、この噴火で家を失った人々がラバウルから車で30分ほどのココポの村周辺に移り住み、新しい町ができ現在ではラバウルの中心地となっています。 また古くは旧日本軍が使用したラバウル空港も火山灰に埋もれてしまったため、ココポの町の中心から20分ほどの場所に新空港ができました。
アロタウ
アロタウの港には周辺の島々から大小さまざまな船が集まり活気に満ちています。アロタウから車で1時間半ほど走るとニューギニア島最東端の村イーストケープに着きます。この村には100年前に船でたどり着いた英国人宣教師を記念した碑や第二次世界大戦前まで営まれていたキリスト教会の跡を見ることができます。 そして海岸から海を望めば、美しい島々を浮かべた限りなく青い海を堪能することができます。このミルンベイの海中は世界的に知られる海洋生物の宝庫です。生き生きとしたサンゴとそこに住む無数の魚や海洋生物は、希少種も含めて種類と量の多さは世界有数で、多くのプロ水中写真家たちが世界中から訪れています。
キタヴァ島
ニューギニア島の東部沖にある環礁からなる島キタヴァ島
キリウィナ島
キリウィナ島はパプア・ニューギニア・トロブリアンド諸島最大の島。先住民の大部分がこのキリウィナ島に居住している。
ウェワク
ニューギニア島の北岸に位置しマダンとジャヤプラの間では最大の町。 太平洋戦争中の1943年から1945年まで、日本軍のニューギニア島最大の航空基地であったウェワク
マダン
マダンはパプアニューギニア随一の美しいリゾート地で、数件のホテルが建っており、多くの観光客が訪れます。町は木彫りなどの民芸品やアクセサリーまでも並べた公設市場(マーケット)を中心に東西南北に広がっており、市場の隣にはかつてこの地を殖民していたドイツ人墓地があります。マダンリゾートに滞在して観光ツアーに参加すれば、映画「ロビンソンクルーソー(ピアーズ・ブロズナン主演)」のロケに使用された硫黄泉がわきでる自然公園バレクハビタットや、爆撃機の残骸が今も横たわる旧日本軍飛行場跡、美しいマダンの町を一望するアムロン高地や村々を観光できます。
ラエ
パプアニューギニア北岸のフォン湾に面し、マーカム川河口が近くの街ラエ

フィジー

スバ
スバはフィジーの首都。南太平洋随一の港町でもあり、世界中からやってきた客船がいつも停泊しています。街には植民地時代の建築が多く残されており、情緒が漂っています。フィジー最大の市場では南国ならではの野菜やフルーツ、魚などは見ているだけでも楽しめます。他にも花の咲き乱れる庭園サーストン・ガーデンや、その中にあるフィジー博物館なども併せて、1日かけて歩いてみたい町です。
ナンディ
ナンディは典型的な観光の町で、最も賑やかなメインストリートはほんの1kmほどです。通りにはレストランや土産物店、免税店などが軒を連ね、多くの観光客で賑わっています。このあたりでは、Tシャツや木彫りの民芸品、ココナッツせっけん、カレー粉などのみやげ物を買うことができます。
バヌアレブ島
ビチレブ島に次ぐ面積と人口を誇るバヌアレブ島。砂糖の精製で発展をした島ですが、現在は高級リゾートホテルが点在し、手付かずの自然が残されたリゾートアイランドとしても人気が高まってきています。
マロロ島
ママヌザ諸島で最も大きな島、マロロ島。湧き水も出る島で豊かな緑に包まれていることから、ビーチだけではない熱帯の自然も満喫できる。アクティビティも豊富で、リゾート全体に漂う気取らないリラックスした雰囲気も心地よい。ダイバーや家族連れにも人気があります。
ヤサワ島
フィジーの中でもクルーズならではの寄港地ヤサワ諸島は、その海の美しさは他の追随を許さぬものがあり、「いつかはヤサワへ」という憧れのエリアなのです。ブルーラグーン・クルーズやキャプテンクック・クルーズのルートにもなっている人気のエリアです。
パラオ
パラオは屈指のダイビングスポットですが、2012年世界でも数が少ない「複合遺産」として世界遺産に登録されました。パラオの景色で広く知られているのは、「ロックアイランド」と言われる石灰岩でできた無烏数の島々が織り成す景観です。ロックアイランド内には美白効果のあるミントグリーンの色を放つ「ミルキーウェイ」、世界でも珍しいクラゲの湖「ジェリーフィッシュレイク」、干潮の時だけに現れ海を二つに分けるかのような「ロングビーチ」があります。

マルケサス諸島

ラロイア
フランス領ポリネシアの島”ラロイア”へ寄港
タフアタ島
“神の屋敷”又は“日の出”に由来する船でなければ訪れる事ができないモノイの島 タフアタ島へ寄港
ウアフカ島
パペーテから1,400km北東に位置しマルケサス諸島の島々の中でもとくに⼩さな島”ウアフカ島”へ寄港
ヌクヒバ島
マルケサス諸島にあるフランス領ポリネシアの火山島”ヌクヒバ島”へ寄港
ヒバオカ島
14の火山島からなるマルケサス諸島で、フランス領ポリネシアの一部を成し、タヒチ島からは北東に約1500kmに位置する”ヒバオカ島”へ寄港
ファツヒバ島
マルケサス諸島の島で海と緑に囲まれた美しい島”ファツヒバ島”へ寄港

ミクロネシア

グアム
日本人にもおなじみのミクロネシアのリゾートアイランド”グアム島”へ寄港
サイパン
日本人にもおなじみのミクロネシアのリゾートアイランド”サイパン島”へ寄港
チューク諸島
西太平洋、カロリン諸島の島 チューク諸島のチューク島へ寄港
ヤップ島
ヤップ島のコローニアへ寄港
ユリシー環礁
ミクロネシアのユリシー環礁
パガン島
北マリアナ諸島のパガン島へ寄港
マウグ島
マリアナ諸島北から二番目の島"マウグ島"へ寄港

マーシャル諸島

マジュロ
中部太平洋に浮かぶマーシャル諸島共和国の首都マジュロへ寄港
飛行機が飛んでいないところまで運行する位、世界中のあらゆる町にクルーズが出来る時代になりました。 せっかくの訪問は事前に都市情報を把握しておくだけでより楽しめることでしょう。