海外ツアー > 8時間半で行く大人のバカンス ニューカレドニア

8時間半で行く大人のバカンス ニューカレドニア | 思いのままに自由旅行!海外旅行・ツアーのIACEトラベル

「天国に一番近い島」と呼ばれるフランス海外領土の国。多彩な魅力が凝縮するリゾートアイランドです。

[ニューカレドニアとは]

日本の四国とほぼ同じくらいの総面積で、 日本から南へ約7000km、オーストラリアの東に位置する。 細長い形をした首都ヌメアのあるグランデール島とロイヤリティ諸島、イルデパン島、 ベレップ諸島などから構成される「天国に一番近い島」と呼ばれるフランス海外領土の国。 世界最大のラグーンが世界遺産に認定。 サンゴ礁に囲まれた紺碧の海と純白のパウダーサンドのビーチは世界的にも印象強いですが、 南仏の雰囲気が漂うおしゃれなヌメア、精霊が宿る神秘の森やハート型のマングローブなどの無垢な 自然、良質なコーヒーの産地としても知られる緑豊かな高原、個性がキラリと光る離島など多彩な魅力が凝縮するリゾートアイランドです。

[日本からのアクセス]

直行便で成田から約8時間40分。大阪からは約8時間45分です。

[時差]

日本との時差はプラス2時間。日本が12:00の時にニューカレドニアでは14:00。

[歴史]

フランスの植民地となった後、フランスの流刑地として3万余の政治犯が送り込まれ、第2次世界大戦の際はアメリカ軍の基地として利用された歴史を持つ。世界屈指のニッケル産出する鉱業の島として発展。近年ではプチ・フランスの雰囲気が漂う「天国にいちばん近い島」で有名な観光国となりました。

[気候/ベストシーズン]

四季がありますが気温変化は比較的少なく、一年を通じて温暖な気候に恵まれています。年間平均気温は24度前後と過ごしやすい。雨が少なく爽やかな気候の9月下旬から12月がベストシーズン。5月から10月までは朝晩に涼しくなることがあるので、薄手のカーディガンなどがあると安心です。

[言語]

公用語はフランス語。ホテルやレストランでは英語も通じます。
日本語はほとんど通じませんが、日本語メニューや日本語を話せる人を常駐させている場所もあります。

[通貨]

パシフィックフラン(CFP)。1CFP=1.04円 ※19/3/28現在
南太平洋のフランス領であるニューカレドニア、タヒチ、ウァリス、フツナなどの島々のシンボルが描かれたビビットカラーでかわいい紙幣

[物価]

日本と比べると全体的に物価は高め。
レストランでの食事は日本と比較して2~3倍にも。チップサービスの風習はありません。

[世界遺産]

2008年7月、ニューカレドニアの世界最大のラグーンが
貴重性と生物の多様性から世界自然遺産に認定された。サンゴ礁が広がる海は約1万5000種もの生物の棲家となっている。

[グルメ]

フランス文化に色濃く影響を受け、ニューカレドニアの豊富な食材とフランス料理の繊細な味付けがミックスされた独自のフレンチを楽しめる。バゲットやクロワッサンなども美味しい。地元産コーヒーは収穫量が少ないために海外に輸出されることはないが、コーヒー愛好家からは高い評価を受けています。



【ヌメア】

ニューカレドニア最大の都市であり首都ヌメアは
「南太平洋のプチフランス」とも呼ばれ、
ミントグリーン、レモンイエロー、サーモンピンクなどのカラフルな建物が並び、
地中海沿いの南フランスを彷彿とさせる洗練されたおしゃれな街並みが魅力。
きれいなビーチや緑豊かな自然、ショッピング、
グルメなどオールマイティに楽しめる街。
日帰りで訪れることのできる離島も多いため、
ヌメアを起点に島巡りも満喫できます。

【ブーライユ】

ヌメアから車で約2時間半、本島の真ん中あたりに位置する。
広大な牧草地と緑豊かな山々、世界遺産のリーフが広がる美しい海があり、
のどかでありのままの自然をゆったりと満喫できる。
大迫力の断崖がある奇岩ロシェ・ペルセやフランス植民地時代の影響を残す
パステルカラーのかわいい家や教会、
白砂ビーチの無人島でサンゴ礁を楽しめる「グリーン島」など見どころもたくさん。
世界でも有数のウミガメ産卵地としても知られている。

【イルデパン島】

ヌメアの南東約100kmの洋上に浮かぶ世界遺産のラグーンに囲まれた小さな島。
ニューカレドニア随一の海の美しさを誇り、「海の宝石箱」と称えられるほど。
真っ白でふわふわのパウダーサンドの青く美しいビーチや
緑濃い南洋杉に囲まれたジャングル、
その奥に広がる透明度の高い天然プールなど島内随所に美しい自然が点在。
自然が織りなす絶景を日常を離れて満喫できる穏やかな島です。
サンゴ礁や色とりどりの魚たちを楽しむダイビングスポットとしても人気。
のんびり数日滞在もおすすめですが、
ヌメアから国内線で約25分と近く日帰りでも訪れることができます。

【ウベア島】

珊瑚礁の一部が陸地になって生まれた神秘的で素朴な島で
「天国にいちばん近い島」の映画ロケ地として一躍有名に。
島の形が三日月状になっており、20kmにも及ぶパウダーサンドのロングビーチなど
手つかずの壮大な自然が魅力。
世界遺産のラグーンに囲まれた海の水色、青、エメラルド、深い青など
様々な表情を見せる青のグラデーションは言葉を失うほどの圧巻の光景です。
ウベアの名物グルメであるヤシガニも必須で味わいたい。
おだやかな海でのどかに過ごしたい方、
何もしない贅沢を楽しみたい方におすすめの至福の楽園アイランド。
ヌメアから国内線で約35分なので日帰りでも訪れることができます。

【メトル島(旧:エスカペード島)】

紺碧の海に浮かぶ三角屋根がかわいいニューカレドニア唯一の水上コテージを有する
1島1リゾートのエスカペードアイランドリゾートがあるロマンチックで美しい島。
ヌメアからボートで約20分ほどで気軽に行けるので
日帰りでSUPやジェットスキーなどの
充実のマリンアクティビティを楽しむのもおすすめです。
カラフルなサンゴ礁や魚たちが魅力的な周囲の海は海洋保護地区に指定され、
高確率で野生のウミガメにも出会えるかも!?

「天国に一番近い島」と呼ばれるフランス海外領土の国。多彩な魅力が凝縮するリゾートアイランドです。

PAGE TOP