• twitter
  • facebook
  • メール

2021.09.03

モルディブ 緊急事態宣言の再延長等

  • アジア
  • モルディブ
  • 感染対策
  • COVID-19
●緊急事態宣言が10月1日(金)まで再延長されました。
●ワクチン接種を完了した者は、一定条件を満たした住民島にPCR陰性証明なしで渡航できます。
●ワクチン未接種者に対する特別措置が発出されました。

1 2日現在、モルディブ国内において新たな制限措置は出されておりませんが、昨年3月12日に発出された緊急事態宣言が10月1日まで再延長されました。引き続きマスクの着用をはじめとした感染予防対策をしっかりと心掛けて下さい。

2 2回目のワクチン接種から14日が経過した者は、PCR陰性証明を取得する必要なく、一定の条件(注)を満たした住民島への渡航が可能となりました。

渡航が可能な住民島は日々変わる可能性がありますので、以下のURLよりご確認下さい。
https://covid19.health.gov.mv/list-of-islands-with-covid-19-vaccination-coverage-conditions-fulfilled/?c=0

(注)
・島内での毎週の陽性率が5%未満であること。
・12歳以上の島民90%が2回接種済み、かつ65歳以上の島民についても90%が2回接種済みであること。
・ゲストハウス従業員の95%が2回接種済みであること。

3 9月1日より、ワクチン未接種者に対する特別措置が開始されました。店舗や食料品店の利用についてはワクチン接種をした者が優先されます。また、一度もワクチンを接種していない場合、ジムやサロンの利用が禁止となる他、タクシー及び国内線の利用も禁止となります。


在モルディブ日本国大使館