• twitter
  • facebook
  • メール

2021.10.25

中国 北京に入る者に対する新たな管理コントロール措置の実施

  • アジア
  • 中国
  • 感染対策
  • COVID-19
●北京市は10月24日夕方に記者会見を行い、10月中旬から発生した中国国内での市中感染の拡大を受け、北京に入る者に対する新たな管理コントロール措置を実施する旨発表したところ、概要は次のとおりです。

1 市中感染者が1例以上いる県(市、区、旗)の者及び14日以内に当該県に滞在歴のある者が、北京に入る(戻る)ことを厳格に制限する。

2 市中感染者が1例以上いる地級市(直轄市、副省級都市の県、市、区)のその他の県の者は、必要がなければ北京に入っては(戻っては)ならない。北京に入る必要が確かにある者は、「北京健康宝」の「緑コード」と48時間以内のPCR検査陰性証明を所持し、北京到着後、14日間の健康モニタリングを実施しなければならない。

3 北京以外の都市で中国に入境した後北京に入る者は、入境した地点で隔離観察を21日間満了しなければならない。

・北京市の発表(中国語)
http://www.beijing.gov.cn/ywdt/gzdt/202110/t20211024_2519196.html

●10月24日19時時点で、陝西省(西安市)、内蒙古自治区(フフホト市、阿拉善盟、錫林郭勒盟)、湖南省(長沙市、株洲市)、寧夏回族自治区(呉忠市、銀川市)、甘粛省(蘭州市、張掖市、嘉峪関市、天水市、隴南市)、北京市、貴州省(遵義市)、湖北省(天門市)、青海省(海東市)、河北省(ケイ台市、保定市、石家荘市)、四川省(自貢市)の11の省(自治区、直轄市)で感染者が確認されています。

●北京市に入ることを検討する場合には、各自の「北京健康宝」の状況を確認するようにしてください。現在なお市中感染者が1例以上いる地級市にいる者及び14日以内に当該地域に滞在歴があり、まだ北京に入っていない者に対しては、「北京健康宝」は「注意喚起」を表示します。これから北京に入る予定の方は、「北京健康宝」に問題がないことを確認した上で、出発地及び訪問先の社区やホテル等にも状況を御確認ください。また、北京市は市民に対し、必要がなければ北京から出ないようにし、移動を減らすこと、大型の会議やフォーラム等の人が集まる活動を減らすことを呼びかけています。
・北京市の発表(中国語)
http://www.beijing.gov.cn/gongkai/ldhd/202110/t20211024_2519131.html

●今後の感染症の発生状況により、各地において新たな措置が発表される可能性がありますので、中国国内で出張・旅行をする際は、特に、中国当局の感染状況に関する発表や住居、宿泊ホテル、空港、駅などにおける防疫措置に関する最新情報の入手に努めるとともに、改めて、感染への警戒を怠らず、手洗い、人との安全な距離を保つ、密閉された空間や人が多く集まる公共の場所等でのマスク着用を徹底するなどし、感染予防に努めてください。


在中国日本国大使館(領事部)