中国 ビザ申請代行

中国 東京申請 業務(M)
業務(M)ビザは、商用、貿易業を目的に中国を訪問される方に必須のビザです。申請前の注意事項をご確認の上、申請をご希望の方はIACEトラベルまでご相談、お問合せくださいませ。

申請代行お申込みはこちら



無査証条件

日本国籍の方で、一般旅券を所持し、観光・商務・親族訪問等を目的で入国する場合、入出国日も含めて15日以内の滞在はビザなしでの渡航が可能です。16日以上の滞在を予定されている場合、あるいは15日以内の滞在であっても中国内で技術指導、管理、工場訪問が含まれる渡航の場合は、渡航目的に応じたビザの申請・取得が必須です。現地での滞在延長は原則不可の為、長期滞在の際はあらかじめビザをご取得いただきますようお願い致します。

※注意※
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年3月31日より、日本国籍の方であっても、渡航日数に関わらずビザ申請・取得が必須となっています。申請方法や必要書類の変更もございますのでご注意ください。

申請条件

▶申請対象者
 商業、貿易業に従事する予定の方

▶申請可能条件
1.渡航先の省人民政府外事弁公室または商務庁等から発行された招聘状を取得済みであること。
 ※招聘状の申請方法については、中国にある受入事業体を通じて、渡航先の地方政府(省外事弁公室または商務庁等)にお問い合わせください。
 ※中国国内や香港などで中国製ワクチンを接種された方は、ビザ申請時にワクチン接種証明書を提示いただくことで、招聘状の提出が不要となります。
 ※有効なAPECビジネスカードをお持ちの方は、中国製ワクチン接種証明書と中国国内受け入れ先の招待状を提出いただくことで、ビザ申請が可能です。

2.(直近に海外渡航歴がある場合)日本に帰国して2週間が経過していること。

3.所定回数の新型コロナウイルスワクチンの接種が完了していること。
※2021年11月1日よりビザ申請時にワクチン接種証明書(写)の提出が必須となりました。

▶申請前の留意事項
1.2021年2月8日より、ビザ申請時に申請者の指10本の指紋採取が必須となりました。本人の指紋採取が必須のため、申請代行はできかねます

但し、以下に該当の方は指紋採取が免除されます。
1)14歳未満または70歳以上の方
2)10本の指全てが欠けているか、指紋を持たない方
3)5年以内に同じパスポートで同じ大使館にビザ申請、指紋採取を行った方
4)外交パスポート所持者、または中国の外交、公用、礼遇ビザの要件を満たしている方

2.トルコ、パキスタン、アフガニスタン、シリア、イラク、イラン、キルギス、タジキスタンへの渡航歴がある場合、所要日数の追加、追加書類の提出が求められることや、ビザの発給許可がおりないことがございます。該当の方は余裕を持った申請をお願い致します。

必要書類

・パスポート 原本
・オンライン申請書
・証明写真 1枚+オンライン申請書アップロード用の写真データ
・邀請函(招聘状) 1部
 ⇒新型コロナウイルス感染拡大以降は、省発行の招聘状(PU)のみ有効となっております。
・中国出入国実績コピー 1部(出入国時に押印されるスタンプページの箇所)
・その他、新型コロナウイルスの影響で追加となった書類

※各書類のフォーマット、及び注意事項はお申込みいただいた方にのみご案内させていただいております。

申請代行お申込みはこちら


 

料金

申請料(実費) 8,500円

  • 外国籍の方の申請の際は、御手数ですが弊社までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ビザ代行申請に関するお問い合わせ

IACEトラベルでは、お客様のニーズにあったサービスをご提案いたします。お気軽にご相談ください。

ビザサポートデスク

営業時間は店舗一覧よりご確認ください

OTHER SERVICESその他のサービス